外壁の張り替え工事の時期と費用について?
外壁張り替え

屋根と同じように外壁にも定期的なメンテナンスが必要です。
外壁のメンテナンスには、張り替えや塗り替えリフォームがあります。
ここでは、外壁の張り替え工事の時期や費用について解説します。

 

 
外壁のリフォームには張り替え工事や塗り替え工事があります

屋根と同様に、外壁も時間の経過と共に少しずつ劣化していきます。
そのうち外壁にも不具合が現れます。
その原因が塗装なのか、外壁材そのものなのかをよく見極め、外壁の張り替え工事がいいのか、外壁の塗り替え工事がいいのかを選択しています。

住宅を新築してから、10年を目安に外壁に不具合がないのかどうかをよく確認してください。

雨漏りが発生しているなら、室内壁が腐食していたり、外壁表面に傷やへこみが見られたりします。
また、表面塗装が色あせたり、外壁材の錆び、カビや苔の発生なども代表的な不具合の事例です。

 
外壁の張り替え工事とは?

外壁の塗装ではなく、外壁材本体に何らかの問題ある場合は、外壁の張り替え工事を行います。
この工事は、古くなった外壁材を新しい外壁材と交換するリフォームです。
外壁材の張り替えの際には、既存の外壁材を撤去し、新しい外壁材を購入して入れ替えていきます。
そのため、外壁塗装よりも工事が大掛かりになり、費用も高額になります。

張り替えリフォームの予算が限られている場合は、外壁の重ね張りリフォームを行うことがあります。
重ね張りリフォームなら、工事の手間が少なくなり、費用も節約することができます。

 
外壁の張り替え工事の時期やポイント

外壁材の耐用年数は、約30年です。
メーカーが発表している耐用年数は、正しく使用し、定期的なメンテナンスを行っていることが前提です。
30年は使える外壁材も、外部環境により実際の耐久年数はもっと短くなります。

雨が多く、風が強い地域なら、外壁表面の塗装も定期的に塗り替えを実施し、保護する必要があります。
外壁塗装の耐用年数も10年~20年と幅があります。
結果的に20年~30年を前に外壁材の張り替え工事を行う必要性が出てきます。

外壁の張り替え工事を行う場合は、外壁材の寿命や壁の内部の異常によるものです。

チョーキング現象、継ぎ目のひび割れ、剥がれ、サイディングボードの反りなどが、張り替え時期の見極めとなります。

外壁材もモルタルではなく、現在の主流となっているサイディングボードになりますので、張り替えにより耐久性も上がります。

 
外壁の張り替え工事の費用の目安

外壁の張り替え工事は、外壁の塗装工事よりも高額です。
さらに、張り替える外壁材の素材の違いが平米単価に大きく左右されます。

外壁の張り替えリフォームの際の平米単価の目安を挙げてみると、

窯業系サイディングは、約4000円

金属系サイディングは、約6000円

ガルバリウム鋼板は、約5000円

トタンは、約3000円

タイルは、約9000円です。

これらの外壁材の中で最もポピュラーなのは、窯業系サイディングやガルバリウムです。
高性能でありながら、お値段も比較的低価格となっていることから、外壁の張り替え工事ではよく採用されています。

耐久性が高く、メンテナンスの手間が少ないのはタイル材ですが、それだけ高額の費用を請求されます。
このように、外壁の張り替え工事は、外壁材の平米単価に大きく左右され、総額では100万円~200万円程度かかります。

外壁材以外にかかる費用は、足場の設置費用、養生費用、既存外壁材の撤去、処分費用などが考えられます。

使用禁止となっているアスベストを含む外壁の撤去は、有資格者による撤去作業が必要です。
30万円~50万円の追加費用がかかります。
こういったケースでは、外壁の上張り、重ね張りリフォームを行うことで、撤去費用を節約し、短期間で工事を終わらせることができます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ