屋上の陸屋根防水のメンテナンス
屋上防水メンテナンス

屋上の陸屋根は、空間や面積スペースの有効活用ができることから、ビルやマンション以外の一般住宅にも採用されることが増えています。
しかし、防水処理をしっかり行い、定期的なメンテナンスをしていないと、雨漏りの発生しやすい箇所です。
ここでは屋上陸屋根の防水メンテナンスの重要性についてお知らせします。

 

 
屋上陸屋根の防水メンテナンスの必要性
  
  屋上 雨漏り

屋上陸屋根は、広い開放的なスペースが人気です。
新築時は全く問題ありませんが、毎日使用しなくても、経年劣化が激しい箇所です。
雨が降った後の水はけや排水には十分注意して施工されていますが、それでも勾配のある三角屋根に比べると、耐久性や防水性はかなり劣っているといえます。

陸屋根は一日中太陽の光が直角に当たります。
熱や紫外線による影響が強い箇所です。
防水機能がなくなった時点で、湿気を帯び、劣化しやすくなっています。
雨がたくさん降る時期には、水たまりができたままになっていると、劣化も早まります。
屋上陸屋根の雨漏りや屋根トラブルを未然に防ぐには、防水性能や耐久期間に応じた定期的なメンテナンスが必要です。

 
どんなメンテナンス方法があるのか?
 
  屋上防水

塗装と同様に防水材料にもいくつかの種類があり、耐久年数やかかる費用、性能の良し悪しなどを含めて現在お住まいの環境にあったベストの選択を行う必要があります。

コストが安い「アスファルト防水」は、人があまり入らない場所には最適です。
防水性能は高めです。

「改質アスファルト防水」も、低コストで施工でき、そこそこの防水性能が得られます。
安全な施工方法が開発されており、危険性も少なく、環境にもよい防水材料です。
人が出入りする、歩くことが多いのなら、防水性能は劣りますが、綺麗に施工しやすく価格も安い、ゴムシートがおすすめです。

塩ビシートは、施工コストが高くなりますが、ほとんどの既設の防水に対応でき、防水性能も高いため、その安定感からよく採用されています。

他には、塗料による防水材料もあります。
例えば、エポキシ樹脂、ウレタン樹脂などです。
耐用年数や工期が短く、費用も安く済みます。
塗装ですので、メンテナンスがしやすいというメリットがあります。

メンテナンスが必要となる兆候を知っておきましょう!
 
   陸屋根 防水

屋上陸屋根は、屋根の上を歩くことができるため、メンテナンスの兆候もすぐにわかりますし、防水施工も簡単です。
耐久年数に近くなってきたり、雨漏りがしているな、と思ったらすぐにメンテナンスを行うことにより、陸屋根と建物全体の寿命も延び、資産価値を維持することができます。

屋上を歩いて、藻やコケが発生、塗装による防水なら塗膜の剥離、表面のひび割れの発生、防水層の浮き、鉄鋳物製のルーフドレンの錆びが見られたら、そろそろ屋上防水のメンテナンス時期です。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ