リフォーム前に知るべき屋根工事の種類

屋根工事 種類

出典:https://a-genius.com/5607/

 代表的な屋根リフォーム工事は5~6つに分類されます。工事を依頼する前に、屋根に関するリフォームの種類について知り、その内容や工事料金の相場を知って不安を解消しておきましょう。

 

屋根の塗装工事

 屋根と外壁の塗装工事は、外観の保護と美観の維持などの目的で定期的に実施されています。瓦屋根には塗装は不要です。屋根材の種類やグレード、機能性の違いにより、使用する塗料が変わります。費用の相場は、40~80万円です。

 

瓦の漆喰補修工事

 瓦屋根を使用している場合は、塗装は不要ですが、接着に使われている漆喰のほうが傷みやすいと言われています。漆喰は15年程度で詰め直しや取り直しの工事が行われます。費用の相場は、30~80万円です。

 

棟板金の交換工事

 スレート屋根に使われることの多い棟板金は、台風や突風で浮いたり、剥がれたりします。飛ばされてしまうと、雨水が建物内に浸入しやすくなります。目視では確認しにくい場所ですので、専門家の点検と補修・交換工事が行われます。費用の相場は、20~80万円です。

 

雨樋交換工事

 雨樋も屋根の一部として考えられており、雨水の排水では重要な役割を担っています。しかし、ゴミ詰まり、積雪、経年劣化などにより、割れやたわみ、部品の欠損などが起こります。部分補修で済む場合と、雨樋の交換工事を行う場合とがあります。費用の相場は、~10万円です。足場代は別。

 

屋根の葺き替え工事

 既存の屋根材を全て撤去し、新しい屋根材に葺き替えます。瓦から瓦への葺き替えの他、金属屋根などの軽量の屋根に葺き替える場合もあります。古い建物には、軽量の屋根へと葺き替えることで耐震性を強化することが可能です。屋根材だけではなく、下地や野地板なども全て新しいものに交換できます。費用は、屋根工事の中でも最も高額となり、数週間かかる大規模な屋根工事になってしまいます。費用の相場は、60~200万円です。

 

カバー工法による屋根の葺き替え工事

 屋根の葺き替え工事の一種ですが、既存の屋根の撤去を行いません。二重屋根のように、そのまま新しい屋根材を被せます。既存の屋根材の解体撤去費用などが不要です。屋根が重くなりますので、軽量の屋根が選ばれます。カバー工法ができない場合もありますので、事前に屋根工事業者に相談するようにしましょう。カバー工法は、屋根の葺き替え工事よりも、工事費用が安くなります。費用の相場は、80~120万円です。

 

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ