ガルバリウム鋼板の耐久性は?
ガルバリウム鋼板

屋根工事で人気のある屋根材といえばガルバリウム鋼板ですが、その特徴や耐久性、メンテナンスの注意点などについてご紹介します。

 

 
耐久性を重視したガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンを含んだ亜鉛合金をメッキした鋼板です。
軽量の金属でありながら、高い防錆性により、金属とは思えない断熱性を持っており、耐久性に関しても10年~30年程度は使えるものとメーカー側も保証する優れた素材です。

最も耐久性のある屋根材といえば、日本瓦です。ガルバリウム鋼板は、メンテナンスを行えば、20年~50年程度まで寿命が延びます。
トタンやスレートに比べると、倍近い寿命になることもあり、ガルバリウム鋼板を耐久性で選んでも問題ありません。
ただし、日本瓦のような高い耐久性はなく、定期的なメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことができます。

 
ガルバリウム鋼板の寿命を延ばすメンテナンスとは?

ガルバリウム鋼板は、沿岸地域などの塩害が多い地域では約15年、工業都市や田園地域では約25年が寿命の目安です。
この目安は、再塗装などのメンテナンスを行わないケースです。
各部分の錆びやガルバリウム鋼板の表面の錆びが出る前に再塗装を施すことで、さらに寿命を延ばすことができます。

表面の再塗装は可能ですが、裏側はそう簡単にはメンテナンスができません。
裏側から錆びなどの劣化が始まることも多いからです。

結果的に寿命は約30年が平均的で、場合により、50年程度まで使えることもあります。
日本瓦も同様ですが、屋根の下の防水の役割を持つルーフィングなどの別の屋根材の劣化のほうが早く、雨漏りの直接の原因が瓦やガルバリウム鋼板ではないこともあります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: