屋上緑化でエコ志向!


屋上緑化は、自宅、オフィス、マンションなどで、すでに実施されており、省エネルギー対策や地球温暖化防止に貢献できるものです。
エコ志向の高まりが、住宅やオフィスの屋上緑化を推進しているのです!

 
技術力の向上により、屋上緑化が容易に!

新しい住宅やマンション、オフィスビル、商業ビルの屋上を活用し、屋上緑化が進んでいます。
これはエコ志向が高まっているのと同時に、省エネルギー対策として、屋上に植栽を植える「屋上緑化」を実施するケースが多くなってためで、国や自治体でも推奨しているからです。

また、屋上に植物を植えるメリットも多いのですが、屋上緑化用の軽い土が開発されたり、耐震構造技術、防水対策などの技術も向上していることにより、低コストで屋上緑化が可能になり、その後のメンテナンスも容易になってきています。

現在、屋上緑化や太陽光発電を考えているなら、ぜひとも屋上緑化にチャレンジし、ご近所の方や他の賃貸物件よりも付加価値の高い住まいの環境造りを考えてみてはいかがでしょうか?

 
メリットの多い屋上緑化

デパートやショッピングセンターなどの建物の屋上で屋上緑化を実施するケースはこれまでも多かったのですが、現在では一般住宅の屋上にも屋上緑化を推進するケースが増えています。

屋上緑化は、メリットが多いことが大きな特徴です。

都市ではヒートアイランド現象も緩和され、建物への遮熱効果が高まり、屋上下の部屋の室温が下がります。
消費電力を抑え、空調の費用も少なくて済みます。
真夏の暑い時期でも、涼しく過ごすことができる優れた効果があります。

また、屋上緑化により、紫外線や酸性雨から建物を守ることができます。
温度変化の差も少なくなり、建物や外壁の劣化を防ぐことができます。
都会であっても、植物が新鮮な空気を生み出し、二酸化炭素の吸収、有害物質の除去、大気汚染の浄化を行います。

緑の癒し効果も忘れてはなりません。
ガーデニングは、ストレス解消にもなります。
火災の際にも、耐火性のある生木により、防火対策や延焼防止効果も期待できます。
この場合、屋上緑化と壁面緑化を併用するとさらに効果的です。

 
建物の荷重条件に合った植栽を植える!

屋上緑化では、建物に合った植栽を植えることがポイントになります。
特に屋上には、積載荷重条件があります。

現状の建物に屋上緑化を実施する場合は、こうした条件を無視できませんので、自己流で施工するのはやめて、必ず工務店やハウスメーカーなどの専門家に設計や施工を依頼すべきです。

もちろん、高木や低木、地被植物、芝、草花など、屋上緑化に最適な品種が多数用意されていますので、これらの組み合わせや、観賞目的、ガーデニング目的、家庭菜園目的、憩いの場などの利用する人の好みに合わせた提案のできる施工会社に屋上緑化を依頼することがベストです。

 
予算内での屋上緑化で膨らむ費用をできる限り抑える!

屋上緑化を行う場合、最初に決めることは、その予算でしょう。
ある程度の相場は決まっていますが、予算内での施工が可能かどうか、その予算を大幅に超えるような施工内容では、せっかくの屋上緑化もグレードダウンしなければならず、中途半端にならざるを得ません。

坪単価を目安にする場合は、植える植物、材質、デザイン、施工面積に大きく左右されてしまいます。
あくまでも概算の目安は、坪単価9万円というものです。
他にも荷揚げ費、自動潅水装置、耐根・防水シート、土壌費、排水管設備費などもかかってきます。

予算を抑えるもう一つのポイントは、自治体により、助成金が支給されることです。
そのため、屋上緑化の助成金についても詳しく、申請実績のある屋上緑化施工業者を選ぶべきでしょう。

 
まとめ

これから屋上緑化を考えている、現状のお住まいに屋上緑化をしたい、そうした場合にも注意点がたくさんあります。
まずは、屋上緑化のメリットやデメリットをよく知っていて、予算内で建物に合った屋上緑化を提案できる専門の施工業者に相談すべきでしょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: