屋根修理を火災保険で無料に?
火災保険屋根工事

あまり知られていないですが、屋根の工事は条件を満たせば火災保険で無償で工事ができることがあります。
今回は、屋根工事と火災保険の関係についてご紹介します。

 

 
火災保険の補償範囲とは?

誰もが株式投資をする時代です。
お金に関する正しい知識を仕入れ、情報を分析しながら株式投資をすれば、お金持ちではない人も株式投資で成功する時代です。
同じように金融に関する知識でも、火災保険についての知識について詳しい人はまだ少ないのかもしれません。

火災保険は火災以外にも、落雷、ガス漏れによる爆発、水災、漏水、建物外部からの落下物、突発的な事故の他、風災、雹災、雪災などの幅広い補償が用意されています。
つまり、火災保険は、住宅に関わるさまざまな自然災害や事故による損害を補償することができます。
名称は、火災保険の場合もありますし、もっと幅広い補償をつけた住宅総合保険といった呼び方をすることもあります。

 
屋根修理以外にも対応し適用範囲も広い火災保険

屋根修理以外にも幅広く補償の対象となっている火災保険ですが、屋根、外壁、雨樋、カーポート、ベランダなどのお住まいの部分に関し、原状回復であれば、自己負担0円で修理できます。
建物だけではなく、敷地内にある構造物や倉庫なども補償対象となることがあります。

屋根修理の例では、風災、雹災、雪災によるものが多く、集中豪雨の後や台風の通過後、自宅内に雨漏りや破損が見られたときには、すぐに点検を行い、損害箇所に関して保険の申請をするだけで、審査の後原状回復のための工事費用であれば保険金が支払われます。
何度申請・使用しても保険料は上がりません。
毎月、毎年きちんと保険料を支払っている方でしたら、加入している火災保険を詳しく勉強し、保険の適用タイミングを見逃さないようにしましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ