太陽光発電はどこに頼む?


太陽光発電システムは、その施工業者の数が増加しており、優良業者を選ぶことが難しくなっています。
費用が安い、手厚いサポートなど、それぞれの業者により、セールスポイントが違います。
そこで、太陽光発電工事を依頼するときに、どのような点に注意して選んだらいいのかをお伝えします。

 
納得の行く見積もり結果

太陽光発電システムは、個人宅であっても、大規模なものになります。
屋根の現地調査もしっかりと行い、できるだけ正確な見積もり、さらには、経済効果や環境効果など、設置した後のシミュレーションも説得力のあるデータや内容で提示してくれるような業者でなければなりません。

その際、現地の状態をよく見極め、周辺の環境も考慮し、影により発電効率が落ちたりしないような最適なパネル設置など、設計図面や見積書なども含めて検討できる業者がベストです。

太陽光発電システムの価格と性能、寿命、アフターメンテナンスなども含めての見積もり、さらには、将来どれだけの発電量が見込めて、収入が得ることができるのか、こういった細かい部分も経験豊富な施工業者であれば、しっかりと提示してくれます。

 
太陽光発電システムの施工体制の問題

太陽光発電システムを外注する業者は、施工能力がありません。

そのため、工事を細かく監理することができなかったり、技術面で少し劣ることが多いようです。
施工部門がないのであれば、直接トラブル対処にあたることができず、もしものときに頼りにならなかったり、自社で責任を持たないケースも出てきています。

施工体制は、その会社により違います。
コストを抑えすぎて、必要な対策を施さなかったり、手抜き工事が発生するようでは、安心して任せられる業者ではないでしょう。

逆に、自社で施工部門を抱えているから安心できるわけではありません。
営業力やサポート体制が弱かったりします。
全社で一定の品質を維持し、高い技術力を持つ業者であれば、大企業や中小企業といったことは無関係となります。

いずれにしても施工実績が豊富で、施工体制にもフレキシブルな対応力のある太陽光発電施工業者を選びましょう。

 
太陽光発電設置のための補助金や融資などの制度に詳しい

太陽光発電を設置するためには、数百万円の費用がかかります。
即金で支払える人もいますが、たいていはローンを組むことが多いでしょう。
一括で支払いができない人のために、業者の提携ローンがあります。

このローンの金利は、利用するクレジット・ローンの会社により違っています。
もちろん、金利が低いほうがいいのは当然です。
提携ローンの支払いが完了するのは、10年や15年といった長期になります。
長期になればなるほど、支払う利息も高額になります。

そのため、ローン金利には少しシビアになり、1%以下の金利の差にもこだわり、できるだけ低い金利を提供している業者を選ぶべきです。

さらに地方自治体からの補助金や融資の手続きをサポートする業者も多くなっており、少しでも支払い金額を安くするためには、こうした制度に詳しい太陽光発電施工業者を選びましょう。

 
充実したサポート体制と事前説明

太陽光発電システムは、設置した後に長期にわたって効果が発揮されます。
何十年も稼働しますが、故障したときや何か困ったときにも、すぐに相談できる業者でなければなりません。

アフターフォローやメンテナンスも充実していればいいとは思いますが、無料で点検を行ってくれたり、10年保証制度などを採用している業者は、施工後も安心してお付き合いができる業者として検討してみてもいいでしょう。
保証についての事前説明もしっかりしていることが前提です。

これまでの施工実績が多く、営業年数も長いのであれば、太陽光発電システムの施工工事実績も多く、メンテナンスの技術も蓄積されています。
営業年数が長ければ長いほど、安心して利用できる太陽光発電施工業者といえるのかもしれません。

 
まとめ

太陽光発電業者選びについてのポイントをまとめました。見積もり内容、施工体制、費用の問題、アフターフォロー、保証など、ポイントになる点は、いくつもあります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ