太陽パネル穴をあけずに設置!
太陽光発電

従来は穴をあけてソーラーパネルを取り付けるのが一般的でした。
しかし、雨漏りなどの問題があり現在は穴の開けない工法などがあります。
今回は、穴のあけない太陽光パネルの方法についてご紹介します。

 

 
穴を開ける工法はなぜNGなのか?

既存の住宅や屋根に太陽光パネルを設置する場合は、屋根に穴を開けて設置することが一般的でした。
初期の頃はトラブルもなかったのですが、太陽光パネル設置による太陽光発電システムが普及し、次第に年数がたつにつれて、予想しなかったトラブルが発生しています。

穴を開ける工法も、気軽に設置でき、建材一体型の屋根材と比べても安価なメリットがありましたが、次第に劣化し、コーキングから雨水が浸入するようになりました。
つまり、雨漏りの直接的な原因になってしまう困った問題が発生するようになったわけです。

 
最新の穴を開けない太陽パネル設置工法

そんな中、先進的な技術を開発したメーカーが登場しました。
屋根に穴を開けない設置工法を開発し、すでに施工実績数も増えています。
あるメーカーの屋根に穴を開けない設置工法では、特殊な金具により、積雪や強風にも負けない強度を発揮し、複雑な形状の金属屋根、瓦屋根にも対応できるようになっています。

大手のパナソニックなども、同社が提供している耐震住宅に穴を開けない独自の工法を使用した「機能屋根システム」を販売しています。
穴を開けない太陽パネル設置方法は、いくつかの種類がありますが、まだ新しい技術ですので、施工実績の多い業者に相談したほうが無難です。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: