屋根と外壁の同時リフォームは費用の節約に!
屋根工事 節約術

屋根と外壁は、毎日のように雨風、直射日光にさらされ、日本の厳しい自然環境に耐えています。
そのため、建物内部よりも劣化が早く、早めのリフォームをオススメします。
その際、屋根と外壁の同時リフォームを行うと費用が節約できることがあります。

 

 
屋根と外壁の同時にリフォームできる内容とは?
 
  外壁塗装(外壁塗装)
  

屋根や外壁は、建物の外部にあり、常に厳しい自然環境に相対しています。
特に劣化の早い部分です。
破損箇所があれば、雨漏りや湿気により木材が水分を含み、腐りやすくなります。
早めのリフォームにより、室内の劣化も防ぐことができます。

屋根のリフォームでは、瓦や銅板屋根であれば耐久年数が長く、ほぼノーメンテナンスでも構いませんが、スレート、ガルバリウム鋼板、セメント瓦、トタンなどの屋根材は、10~15年程度で塗装などのメンテナンスが必須となります。
塗装のメンテナンスであれば、屋根と外壁の部分を同時に施工することができます。
屋根や外壁の塗装に使われる塗料は、素材や機能性により耐用年数にも違いが出ます。
同時にタイミングよく塗装のリフォームを行うことで、次にご説明する足場代の大幅な節約にもなります。

 
足場代を節約できる足場の必要な工事とは?
 
 足場工事(仮設足場)
 

外壁や屋根のリフォームでは、ほとんどの場合、足場を組んで作業を行います。
屋根のリフォームと外壁のリフォームを別々に行うと、足場の設置と撤去を行うたびに同じ費用がかかります。
同時にリフォームを行うことで、トータルコストも大幅に削減することができます。

さらに外壁と屋根の塗り替えで同じ塗料を使用する場合もあります。
塗料の無駄を減らすことができますし、同時に行うことで、見積もり額から大幅にコストを下げるリフォーム業者もあります。

足場代は、建物の大きさにもよりますが、一般的には、15~20万円程度の費用がかかります。

一般に外壁・屋根の塗り替え、屋根の葺き替え、雨樋交換、破風や軒天の工事、太陽光発電システムの設置、高所作業、窓や雨戸の修理工事などには足場が必要です。

 
屋根の軽量化と外壁塗装を考えたリフォーム
 
 屋根リフォーム(屋根葺き替え工事)
  

屋根と外壁のリフォームでは、塗装ばかりではありません。
前項でもご説明したように屋根の葺き替えや高所作業、窓や雨戸の修理工事なども同時に行うことで、足場代を活かしたリフォームが可能です。
足場代は高額ですので、一度組むのであれば、他のリフォーム内容も盛り込んでおいたほうがいい場合があります。

例えば、バルコニーのサビ補修や再塗装、2階窓の交換、日本瓦やセメント瓦、トタン、スレート、ガルバリウム鋼板などへの屋根の葺き替えも同時に実施されます。
特に耐震性をアップさせるために金属屋根などの軽量の屋根材に変更したり、カバー工法による重ね葺きを行ったりする場合にも足場を組みます。

このように、屋根と外壁のリフォームを同時に行い、コストダウンを狙うことができます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: