コロニアル屋根の屋根材やリフォームの価格は?
コロニアル屋根

新築でも屋根の葺き替えでも、コロニアル屋根を選択する方が多いのも事実です。
価格と性能のバランスがよく、多少のデメリットがあっても選ばれることが多いようです。
そこでコロニアル屋根の屋根材やリフォーム価格の目安などについて解説します。

 

 
コロニアル屋根はスレートの一種
 
  コロニアル屋根

「コロニアル」は商品名です。
クボタ松下電工外装が販売している化粧スレートのことです。
コロニアルの販売数が最も多く一般に名称が浸透しているため、スレート屋根といえば、コロニアルと呼ぶことが多くなっています。
その他、「カラーベスト」などもスレートの一種として知られています。

天然スレートと化粧スレートがありますが、化粧スレートのほうが圧倒的に安く、セメントと繊維などを混ぜ合わせて成型した厚さが約4~5ミリの板に塗装を施した屋根材です。
現在のコロニアルにはアスベストは含まれていません。

 
屋根材の中でも価格は最も安い
 
 コロニアル 塗装(コロニアルの塗装メンテナンス)

スレート屋根の一種である、コロニアルは屋根材の価格が最も安いと言われています。
日本瓦や1平米あたり12000円~、ガルバリウム鋼板は1平米あたり10000円~、セメント瓦は1平米あたり8000円~です。

そして、コロニアルは1平米あたり4500円~となっており、他の屋根材の半額から半額以下の価格で施工することができます。
あくまでも公表されている数字から拾った平均価格ですが、コロニアルは最も普及している屋根材であるため、工事を経験している業者や塗装、破損修理の依頼も多いため、修理やメンテナンス費用も比較的安く抑えられています。

 
葺き替えやリフォーム時の注意点
 
 コロニアル葺き替え(カバー工法)

コロニアルは、価格も安いのですが、耐用年数が短いというデメリットがあり、塗装メンテナンスも必要です。
しかし、屋根の葺き替え時には、既存のコロニアルの撤去も簡単で、比較的簡単に施工できるため、新規の屋根材にお金をかけることができます。

コロニアルそのものが単純な構造でできています。
屋根のカバー工法で重ね葺きする場合は、既存のコロニアルの上にそのままルーフィングなどの防水シートを敷き、ガルバリウム鋼板などの軽量で新しい屋根材に葺き替えることができます。

同じコロニアルへの葺き替えでは、カバー工法ではなく葺き替えが行われます。
コロニアルの上にコロニアルを載せるカバー工法はあまり行われていません。
カバー工法では、さらに軽量のガルバリウム鋼板への重ね葺きが多く、実績も増えています。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: