これで比較も簡単!屋根修理の工事内容と費用相場
屋根修理 価格相場

屋根修理の知識がないと、悪徳業者に騙されたり、見当違いの工事業者に依頼してしまったり、大手の屋根修理業者に高額修理を頼んでしまったりします。

屋根修理は高額だからいいとは限りません。

適切な価格で修理を行う腕のある屋根修理業者を選ぶことが大切です。

 
部分補修工事(数万円~30万円)

屋根修理は、4つに分類できます。部分補修工事、塗装工事、重ね葺き、葺き替えの4つです。
後になるほど、工事費用が高額なると覚えておくと間違いがありません。

使用する屋根材や塗料、その他資材のグレードにより値段の違いはありますので、工事費用には幅が出ます。
安く済まそうと思えば、資材のグレードを下げるしかないでしょう。
特殊な資材を使えば、特殊な作業や機械が必要になり費用が上がります。

部分補修工事は、最も低価格です。
通常の雨漏り修理や屋根のトラブル、雨樋のトラブルは部分補修工事で対応します。
屋根瓦は割れたり、ズレたりしますので定期的に点検し、部分補修を行います。

部分補修工事でも足場を組むと15~20万円のコストアップとなりますので要注意です。

 
塗装工事(30万円~100万円)

屋根塗装 価格相場

塗装工事は、屋根の部分補修工事とセットになって行うケースが多くなっています。
塗装そのものは、補修工事にはなりません。

瓦屋根に塗装は不要ですが、トタンやスレート、ガルバリウム鋼板などの屋根材では定期的な再塗装を行うことで、屋根材の寿命を延ばすことができます。

塗装は、塗料のグレードにより総コストに差が出ます。
塗装面積や屋根の形状も価格差が出る部分です。

塗装前に防水シートの取り替え、野地板の修理や取り替えなども行う場合はその分費用が上がります。

 
屋根のカバー工法による重ね葺き工事(50万円~120万円)

屋根カバー 費用

屋根の葺き替え工事ではコストが高いので、重ね葺きを行いコストを抑えた屋根の葺き替え工事が行われるケースが増えています。

大規模な屋根の修理も行います。
既存の屋根材は撤去しませんが、屋根下の防水シートや野地板などが破損・腐食していると修理が必要です。

ひどい場合は結果として全面的な葺き替えを行ったほうがいい場合があります。
屋根の重量が重くなりますが、ガルバリウム鋼板なら軽量で価格も比較的安く仕上げることができます。

 
屋根の葺き替え工事(70万円~150万円)

葺き替え 費用
photo:http://kyomachi-k.co.jp/archives/420

屋根の葺き替え工事は最も高額です。
既存の屋根材を撤去するだけではなく、処分費用も高いので予想金額を超えるような屋根の葺き替え工事になることもしばしばです。

100万円前後の工事費が最も多い価格帯ですが、瓦屋根などの高寿命・高耐久性のの屋根材を使うと価格が上がります。

アスベストが含まれる屋根材は特殊な処理方法が必要となり、その処分費用も高額になることを押さえておきましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: