屋根瓦の修理料金の目安
屋根 費用 

瓦屋根は、いかにも日本らしい佇まいを強調できる外観を演出し、お住まい全体を重厚で雰囲気のよいものにしてくれます。
瓦は、丈夫で耐久性の高い素材を使用しています。

しかし、雨漏りやその他自然災害が発生すると修理をしなければならないこともあります。
屋根瓦の修理料金の目安についてまとめました。
出典:https://www.amamori-a.com/rerouting/

 
雨漏り補修工事(5千円~)1

雨漏り 補修

出典:https://suzukikogyo.co.jp/blog/

雨漏り修理は事前の発生原因の調査が最も重要です。
しかし、修理工事は有料でも、点検は無料である屋根業者が多くなっています。

コーキング補修、瓦のズレの補修の他、足場の架設が必要であれば、価格が15万円以上になることがあります。

 
瓦屋根の葺き替え、葺き直し工事(120万円~150万円)

瓦 葺き替え

出典:https://www.taiyou-ks.com/blog/2973/

粘土瓦は、再塗装が不要です。メンテナンスも不要で高寿命です。
予算の都合上、葺き替えではなく葺き直し工事が行われることがあります。

葺き直し工事は、新しい瓦の費用と瓦の撤去費用が不要となりますので、環境にも優しく、なおかつ費用も抑えることができます。
葺き直しでは、屋根のメンテナンスを行う際に、瓦のズレを直し、瓦が落下するのを防ぐこともできます。

割れた瓦、ズレた瓦の補修工事です。割れた瓦の場合は、瓦の差し替えを行います。瓦がズレた場合は、瓦の納め直しを行います。瓦は一枚一枚外して交換することができます。

補修箇所により、足場を組む必要があります。

 
瓦屋根の漆喰補修工事(8~15万円)

瓦 漆喰

出典:https://www.aims-life.com/blog/2017/10/post_132.html

漆喰塗りの他、内部の土や南蛮などの撤去費用・産廃処理費用がかかります。
足場を架設すると、さらに費用が加算されます。

上塗りだけで済めば費用は安くなりますが、全てやり直す場合は、内部の土や漆喰の撤去費用が上乗せされます。

10年以上屋根に関するメンテナンスをしていない場合は、漆喰補修工事を推奨します。

 
棟瓦の積み替え(10万円前後)

屋根瓦が古くなると、地震や強風により棟瓦も崩れやすくなっています。
瓦を固定する力が弱まると、棟の土台となっている漆喰も崩れていきます。

漆喰の補修工事を含めて、棟瓦の積み替えを行います。
屋根瓦の修理費用の目安を知ると、屋根修理業者が提案する修理費用が高いのか、安いのかがわかってきます。

高額な修理費用を請求する屋根業者には十分に注意しておきましょう。
同じ屋根瓦の修理でも、施工面積が広いと費用も高額です。

費用の比較の際には、施工単価とその面積についてもよく確認してから見積書の比較を行ってください 。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ