簡単にわかる瓦葺き替えの費用相場

瓦

屋根の修理でも特にお金がかかると言われているのが、瓦の葺き替え工事です。

今、古くなった瓦屋根の葺き替えを検討しているなら、まずは費用相場を知ることから始めましょう。
初心者でも簡単にわかるように瓦葺き替えに関する費用相場について簡単にまとめました。
出典:one-project.biz/2016/05/29/roof-006.html/

 
足場架設撤去費用

屋根工事 葺き替え

屋根の形状や勾配により、足場の設置と撤去費用がかかります。
職人の安全な作業環境を確保し、質の高い仕事をしてもらうには、必ず必要となる費用です。

塗装工事と異なり、必ず足場を設置する必要はありませんが、外壁塗装を同時に行う場合など、足場代を節約することも可能です。
費用の目安は15~20万円前後です。

 
防水シートと下地の補修の費用

防水シート
出典:https://www.e-uti.co.jp/blog/b_kato/20131112.html
 

屋根の葺き替えの前に必ず下地を点検し、傷んでいたり、木材が腐食していたりしたら必ず補修工事を行います。

既存の下地の上に新しい野地板を重ねて貼っていく工事などがあります。 さらに防水性能を高めるために防水シートをその上から貼ります。

防水シートにも耐用年数がありますので、葺き替え時には必ず新しい防水シートを使用します。
費用の目安は20~30万円です。

 
既存屋根材の撤去と処分費用

屋根廃材


出典:http://www.masaki-home.com/

古い屋根材を撤去しますが、その処分費用も忘れてはなりません。
屋根の種類によってその費用も異なります。

瓦から瓦への葺き替え以外にも、スレートから瓦への葺き替え工事を行う場合もあり、アスベストを含んだ古い屋根材の場合には別途高額の処理費用がかかることがあります。
瓦の撤去・処分費用の目安は30万円前後です。

 
新しい屋根材の費用

新しい屋根材が瓦ですので、他の屋根材に比べると費用が高くなっています。
瓦屋根にも素材に違いがあり、単価も異なります。

代表的な瓦は、和瓦、スレート瓦、セメント瓦の3種類となっています。
和瓦への葺き替え費用の目安は、70~80万円です。
スレート瓦への葺き替え費用の目安は、45~55万円です。
セメント瓦への葺き替え費用の目安は、55~65万円です。

その他、他にも交通費や駐車場代、廃材の運搬にかかる費用などが必要です。
諸経費は工事費用の5~10%が目安です。

これらの瓦葺き替えにかかる費用をトータルすると瓦の葺き替え工事の価格相場は、110~160万円前後ということがわかります。

総合的に検討すると、新しい屋根材にどんな瓦を使用するかにより、総費用も大きく変わることがわかります。

和瓦は費用も高額ですが、最も耐久性が高いので、瓦に葺き替えるのであれば和瓦がおすすめです。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ