瓦屋根工事の種類別にみた価格の目安とは?
瓦工事 費用

瓦は素材そのものが陶器製で丈夫にできており、長寿命です。
瓦の葺き替え工事は高額ですが、メンテナンス工事や修理工事に関しては、それほど費用がかからないと言われています。

そこで瓦屋根工事の種類別にみた参考となる価格の目安についてまとめました。

出典:https://www.amamori-a.com/rerouting/

 
瓦の部分補修工事

瓦屋根 補修費用
出典:https://www.ogomori.com/blog/屋根のトラブル紹介

瓦の修理は、雨漏りや屋根トラブルを発見したら早めに修理することが最大のポイントです。
瓦だけが破損しているなら、瓦の部分補修や瓦の撤去交換だけで済むからです。かかる費用も5~15万円以内です。

古い瓦になると同じ種類の瓦が取り寄せられない場合があります。
形状が少しでも異なっていると、かみ合わせが悪くなり雨漏りの原因となることがあります。

瓦の部分補修工事は、瓦をつないでいる漆喰の補修も行われます。
下地のルーフィングや野地板が傷んでいたり、腐食していると、瓦の交換費用だけではなくさらに追加で費用がかかるので要注意です。

 
既存の瓦の撤去や交換工事

瓦交換
出典:https://ishikaku.com/case/623

部分的な瓦の撤去や交換工事なら、部分補修工事に含まれます。
しかし、破損箇所がひどかったり、自然災害により屋根瓦の上が広範囲に破損していたりした場合は、既存の瓦の撤去や交換工事が行われます。

瓦の下地が傷んでいたり、腐食していたりした場合は、瓦の葺き替え工事を実施したほうがいい場合があります。

既存の瓦の撤去や交換工事の費用の目安は、20~30万円ですが、下地の補修が加わると、費用も100万円近くになり、瓦の葺き替え工事や葺き直し工事を行ったほうがいい場合があります。

 
谷樋交換工事


谷樋交換
出典:http://yane-amamori.com/

谷樋の交換工事は、8~15万円程度となっており、それほど費用のかかる工事ではありません。
谷樋が傷んでいると、雨漏りの原因となったり、ゴミが詰まっていたりすると水が溢れてしまうことがあります。

屋根に登らないと見えないので、金属製の谷樋ならいつの間にか穴が開いていることがあります。

下葺き材を敷いて対処することもありますが、古くなったら谷樋の交換工事を行います。

 
雨漏り修理工事(部分的な補修や応急処置)

屋根の部分が原因の雨漏り修理工事です。
応急処置として行うものが主流ですが、雨漏り修理工事は、意外と安く3~5万円程度で修理ができることがあります。

雨漏りの原因がすぐにわかる雨漏り修理職人であれば、少ない費用で屋根の雨漏り修理が可能です。
屋根瓦一枚だけの交換修理なら、3万円以内で済む場合があります。

屋根や雨漏りに関する専門家であればあるほど、応急処置で済むのか、下地材の補修なども必要なのかどうかがすぐに判断でき、修理後の後々のトラブルも少なくなります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ