屋根のひび割れ補修方法は?
屋根材のひび割れ

屋根材の種類により、屋根にひび割れが発生することがあります。
特に瓦やコロニアルなどのスレート屋根に発生する確率が高く、発見した後の早めの対処により、雨漏りやその他の屋根トラブルの被害の拡大を防ぎます。

 

 
屋根にひび割れが起こる理由
 
  屋根工事 ひび割れ
  

屋根材には、それぞれに耐久年数があります。
経年劣化により、次第に素材も痛み、脆くなっていきます。
また、大地震や台風、強風、突風により、瓦がズレたり、屋根に飛来物が飛んできたりすると、新築のお住まいであっても、瓦やスレートにひび割れが発生することがあります。

屋根材は、割れたり、破損したりすることが普通で、マメにメンテナンスを行うことが前提です。
大切に取り扱うのであれば、通常よりも高い耐久性能を維持することも可能です。
屋根材による特徴としては、瓦はひび割れではなく、割れるときは完全に割れます。
経年劣化で割れることは少なく、原因は踏み割れです。
瓦の部分交換を行うだけで修理が済みます。

スレートは、特に割れやすい屋根材です。
踏み割れも起こりやすく、割れてもあまり気が付かない場合があります。
その他、欠けや気づきにくいヘアークラック、ひび割れが発生し、いずれも雨漏りの原因となります。
スレートは、釘やたわみによりひび割れが発生しやすく、天候による屋根材の伸びや収縮が繰り返されることで、そのひび割れも拡大していきます。
ひび割れの箇所も増えていきますので、雨漏りなどの屋根トラブルが頻発します!

 
屋根のひび割れによる雨漏り時の応急処置
  
  屋根 ひび割れ
  
  出典:http://iiie-oohara.com/blog/b_housebuilding/itei1.html

スレートは、ひび割れしやすく、そのひびも見えにくいので、雨漏りが発生した時点で、ひび割れを疑う必要があります。
雨漏り屋根の補修を行わなければ、建物内部の木材も湿気を含み、腐食しやすくなります。
カビの発生も多くなり、健康を害することがあります。

雨漏りの原因を特定するまでは、応急処置を行い、根本的な原因を特定したうえで本格的な雨漏り修理を行います。
雨漏りの発生部分には、ブルーシートを覆ったり、防水テープを張ったり、コーキング充填補修を実施したりします。
自己修理もできますが、専門家による応急処置のほうが、安全確実でやり直しも少なくなります。

屋根のひび割れ補修の種類
 
   屋根修理 ひび補修
   

瓦は交換修理がベストですが、スレートの場合は、塗装によるひび割れ補修が行われます。
下地処理では、モルタルやコーキングをパテ材として使用します。
丁寧に密着させて補修を行います。
その後、シーラーを塗布し、屋根と塗膜の密着力を高める処理を行います。

塗装工程は、下塗りと上塗りが行われ、2~3回程度塗り直します。
こうした塗装補修により、ひび割れがなくなり、雨漏りも発生しなくなります。
塗装による補修でもひび割れが埋められないようであれば、屋根材を取り替えたり、重ね葺きや葺き替え工事を行います。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: