屋根リフォーム 近隣

 


 屋根や外壁では、さまざまなリフォーム箇所があります。工事内容に関するトラブル以外にも、意外と多いのが近隣トラブルです。そこでよくある近隣トラブルとその対処法について解説します。

 

どんなリフォーム工事でも騒音に関する苦情は避けられません!

 屋根や外壁のリフォーム工事は大規模です。どんな工事であっても騒音や振動がします。工期も1週間~2週間程度かかる場合がほとんどですので、毎日のように騒音や振動がします。こうした騒音や振動は、近隣住民にも感じられることがほとんどですので、大変な迷惑をかけてしまうことになります。

 

 他にも足場の仮設や撤去時にも大きな音がします。資材の運搬では、トラックが近隣に駐車することもありますので、通行の妨げになることもあります。こうしたリフォーム時の騒音や振動、その他のトラブルは、必ず起こりうるものです。事前に近隣住民への挨拶とお詫びは必ず必要となります。ご自身だけではなく、リフォーム業者のほうでもその都度、挨拶やお知らせを行うことで近隣トラブルを避けることができます。

 

ニオイやホコリの発生、境界のはみ出しに注意

 屋根や外壁のリフォーム工事では塗料を使うこともあります。古い家の場合は、大量のホコリの発生と共に、建物の中から強烈なニオイが発生することがあります。こうしたニオイは気になって仕方ありません。お隣の方が洗濯物や布団を干す際にも大変な迷惑となってしまいます。クレームになりそうなときは、マメに業者にも断りの一言やお詫びのお知らせを入れるようにすると、何とかその場をやりすごすことができるでしょう。

 

 他には土地の境界線をはみ出して工事を行うと、クレームになりやすいようです。大規模なリフォーム工事を行うときや隣との境界線が近い狭い地域のお住まいの場合は、細かい配慮ができるリフォーム業者に工事を依頼することをおすすめします。


初めての場合ほどトラブル対処に慣れたリフォーム業者がおすすめ

 初めての屋根工事、外壁工事であれば、わからないことがたくさんあります。そのような方は、経験豊富なリフォーム業者に工事を依頼してください。依頼主が気づかないような細かい配慮ができるため、近隣トラブルやリフォームトラブルがほとんどなくなります。工事前に始まり、工事中・工事後のトラブルなどにもきっちりと対応しているからです。

 

 特に養生や防音シート、ゴミの処分などにおいて、多少費用が高くなっても近隣トラブルによる損害に比べると圧倒的に安いといえますし、気持ちも楽になるからです。

 

 

 

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ