屋根の葺き替え工事はタイミング

葺き替え

 

 屋根は、建物を守る大切な存在です。普段はあまり気にすることはありませんが、暑い日も雨の日も雪の日も台風の日も住む人を守ってくれています。屋根にも経年劣化による耐用年数があり、いつかは交換工事が必要です。屋根の交換工事のことを葺き替え工事と呼んでいます。屋根の葺き替えは、素材ごとにそのタイミングが異なるので少し注意が必要です。

 

一般的な屋根の葺き替え時期の兆候

 屋根材にもさまざまな素材があるため、耐用年数も全く異なります。適切なメンテナンスを定期的にしていれば、メーカーが公表している耐用年数を超える期間も品質を維持できます。しかし、いつかは屋根の葺き替え時期がやってきます。

 

 経年劣化以外にも、屋根が破損することがありますので、定期的な点検修理、メンテナンスなどは必ず実施する必要があります。天井や壁にシミを見かけたり、屋根材の変色や塗装の色あせ劣化、棟部の曲がりや蛇行、屋根工事業者から葺き替え修理を勧められることが多くなった、今現在雨漏りが発生している、築20~30年近くたっていて一度も屋根のメンテナンスしたことがない、などこれらの項目に当てはまるような状態であれば、屋根の葺き替え時期が来ているのかもしれません。

 

屋根の素材ごとに見た葺き替え時期の目安

スレート屋根

 

 耐用年数は最大でも20年です。10年ごとに塗装していないと、葺き替え時期までの期間がもっと短くなります。屋根を見て反り、ひび割れ、白っぽい箇所が見られたら、そろそろ寿命です。

 

瓦屋根

 

 瓦は陶器製ですので、寿命が長く50年~最大100年近く使えます。メンテナンスは30年を目安に行います。瓦よりも漆喰や野地板、ルーフィングなどの下地材が腐食・劣化することが多いので、苔の発生、瓦の割れや欠け、ズレが見られたら、点検を行い葺き替えを検討してください。雨漏りの発生も、屋根の葺き替え時期です。

 

金属屋根

 

 寿命は20~30年です。塗料の効果がなくなると、錆びが発生しやすく定期的な塗装や錆び止め塗装が必要です。固定する金属部分が浮き上がり、雨漏りの発生につながることがあります。屋根の一部が剥がれてめくれている場合や錆びや腐食が広がっているような場合は、寿命ですのですぐに葺き替え工事を実施したほうがいいでしょう。

 

トタン屋根

 

 耐用年数は10年と屋根材の中では最も短くなっています。塗装により寿命を延ばすことができます。塗装メンテナンスをしていないと、10年も使用できずに葺き替え時期を迎えてしまいます。赤みを帯びて全体的に錆びが発生しているようになってきたら、葺き替え時期に来ています。

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ