屋根の葺き替え時期の目安とリフォーム費用
屋根メンテナンス時期と費用

屋根は常に外気にさらされ、日中は直射日光を浴びていますし、雨や雪の日もどんなときでも建物を保護する役割を担っています。
外壁よりも劣化が早く、屋根に使用されている素材により、葺き替え時期やリフォーム費用が違っています。

 

 
屋根の素材による葺き替え時期

屋根は、定期的なメンテナンスが必要です。
厳しい自然環境に直接接していることから、劣化は避けられません。

屋根のリフォームや修理も高額です。
屋根のリフォームでは、塗装工事、補修工事、カバー工法、葺き替え工事などがあります。
このうち、最も費用がかかるリフォームが、屋根の葺き替え工事です。

屋根の葺き替え工事では、50万円~300万円近い費用がかかります。
屋根の葺き替え工事で、かかる費用に幅が出る理由は、屋根材の違いによるものです。

屋根の葺き替え工事にはパターンがあります。
日本瓦からスレート、日本瓦から日本瓦、スレートからガルバリウムやスレート、トタンからガルバリウムなどです。
屋根の葺き替え工事で最も高額なのは、日本瓦から日本瓦への葺き替え工事だと言われています。

葺き替え時期の目安は、瓦が50年、スレートが30年~40年、トタンなどの金属屋根が20年~50年となります。

 
葺き替えよりもメンテナンスを行うケース

屋根の葺き替えは高額です。
そのため、葺き替え時期を迎える前に行う必要はありません。
しかし、屋根材によっては、定期的にメンテナンスを行うことが前提となっているものがあります。

定期的なメンテナンスや点検を行うことにより、屋根の寿命をさらに延ばすことができます。
屋根のメンテナンスにより、屋根の寿命を延ばすことができれば、建物全体の寿命にも影響し、屋根の葺き替え工事にかかるトータルコストを抑えることができます。

「ガルバリウム鋼板が最もよい」という屋根業者もありますが、安易に葺き替え工事を行うよりも、今ある屋根材を大切に扱い、定期的なメンテナンスにより、今使用している屋根材の寿命を延ばすほうがいい場合もあります。
しかし、3度目のメンテナンス時期を考えて、建物全体の寿命を考えると、建て替えの時期が来るようであれば、タイミングを見て早めの屋根の葺き替え工事が行われます。

屋根の葺き替工事えやメンテナンスは、40年や50年先を住まいを考えて行うものでしょう。

 
屋根の葺き替え工事の種類

屋根の葺き替え工事は、大きくは3つの種類の分けることができます。
瓦屋根、スレート屋根、金属屋根です。
これらの屋根材にはメリットとデメリットがありますが、現在の屋根の形状や面積、屋根の状態により、料金や工事内容が変わります。
屋根の葺き替え工事は、全てオーダーメイドであると考えてください。

基本的な工事内容は、既存屋根の撤去、下地の修繕・補強、防水シートの設置、新しい屋根材の設置、雨水対策です。

瓦屋根は耐久性が強い反面、地震には弱くなっています。
メンテナンスは30年に一回程度で済みます。

スレート屋根は、天然の岩から作った高価な屋根材の他、セメントと繊維を混ぜた化粧スレートがあります。
スレート屋根は、瓦よりも安価でカラーバリエーションも豊富、なおかつ軽量です。

金属屋根でよく使用されるようになったのが、ガルバリウム鋼板です。
錆びに強く軽量で、耐震性に優れています。
メンテナンスの必要があまりありませんし、瓦屋根に近い耐久性があります。

 
屋根のメンテナンスやリフォームにかかる費用

屋根の葺き替えやメンテナンスにかかる費用はさまざまです。
屋根の形状、使用する屋根材、屋根材の単価により全く異なります。
それぞれの項目に関して、目安となる料金や相場はありますが、工事全体の費用の相場は幅があるため、公表されている料金の目安を参考にしていても、実際に工事を依頼すると高くなっていたり、安くなっていたりします。

屋根の葺き替え工事での工事内容は、既存屋根材の撤去や処理費用、下地補修、防水シートや屋根材の費用、その他工事費用、足場設置費用、管理費などに分かれます。
瓦屋根の葺き替え工事なら、合計200万円程度かかります。
関連工事を含めると、300万円程度の費用がかかると考えてください。
他の屋根材なら100万円以下で済む場合もありますが、詳細は依頼される屋根工事業者にご相談ください。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: