屋根カバー工法の流れ

屋根のカバー工法は、今ある屋根材を撤去せず、上から二重に新たな屋根材を乗せる方法です。
既存屋根の上に載せるだけですから工事は簡単です。

一般住宅なら1週間もかかりません。
解体工事の費用も削減でき、工事中の騒音やホコリの問題も軽減できます。

さらに金属屋根は軽量で、二重葺きにしても耐震性を維持することができます。
ここでは、化粧スレートにガルバリウム鋼板を重ね葺きするカバー工法の流れをご紹介します。

棟板金の撤去

棟板金や雪止め金具などを撤去して、屋根面をできるだけ平らにしていきます。

野地板張り増し

建築後30年以上経過し再塗装を一度もしていない屋根や、すでに雨漏りが発生している屋根など劣化が激しい場合、既存屋根の上に野地板を張り増しすることがあります。

防水シート(ルーフィング)の貼り付け

野地板に防水シートを貼り付けていきます。
屋根工事が完成すると見えなくなりますが、雨漏り防止には絶対に欠かせない工程です。

屋根材の設置

新しい屋根材を取り付けていきます。
雨水の流れを考慮して軒先から棟へと順に敷いていきます。
屋根が二重になり重くなってしまうので、軽い屋根材を用います。

棟板金の設置

最後に棟板金を取り付けて完了です。



スレート(コロニアル)屋根カバー工法の費用は?

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ