スレート屋根

 

出典:http://kamisei.co.jp/news/13284

 

 アスベスト(石綿)による健康被害は、つい最近わかったことです。特にスレート(コロニアル)の屋根に多く使われてきましたが、2006年以降は使用禁止になっています。それ以前に使用されていたスレート屋根にはアスベストが使用されている可能性が高く、解体や除去時には、専門業者による処理が必要で、処分費用が高額になる可能性が高いと言われています。


アスベストが飛散すると大変なことになる!

 アスベストが登場した当時は、耐火性、耐熱性、耐薬品性などの面で優れた特性があるため、断熱材など多くの場面で使用されていました。

 

 ところが、アスベストを長期間吸い込むと人体に悪影響を及ぼします。アスベストが飛散すると使用していた作業員だけではなく、周辺住民もアスベストを吸い込んでしまう可能性が高くなります。アスベストの健康被害の代表的な病気として、中皮腫と呼ばれるがんがあります。

 

 スレート屋根には、アスベストを混ぜて製造されていた時期があり、古いスレート屋根は、経年劣化により、アスベストが飛散する恐れがあります。他にも塗装や葺き替え工事の際にアスベストを含むスレートを取り扱ったり、除去したりする場合は、アスベストの飛散の恐れがあり、専門業者による処理を必要とします。


アスベストにかかる費用いろいろ

 お住まいの屋根にアスベストが使用されているかどうかは、建築時期がわかっていても、念のため調査を実施することをおすすめします。アスベストの調査だけなら3万円~の費用がかかります。

 

 アスベストの処理費用は、屋根の使われている箇所の面積によります。面積が広いほど単価が安くなりますが、1平米あたりでみると、1~8.5万円の間に収まっています。あくまでもアスベストが含まれている面積になりますので、解体費用に加えて別途処分費用が請求されることになります。

 

 アスベストの作業は、アスベスト用の防塵マスクや防護服を着用して作業を行います。作業する人の安全性にも配慮しなければなりません。
飛散しやすいアスベストのレベルになると、作業前の届け出に関する費用やアスベストの除去費用、処分費用などが加わり思ったよりも高額となります。

 

アスベストに関する処理費用が高額となる場合は補助金を検討

 アスベストの除去や処分に関して、高額な費用がかかりますが、安全性や健康面での問題を考えると、高額でも払わざるをえません。アスベスト問題は、建物の所有者に直接的な責任があるわけではありません。

 

 屋根材や断熱材の除去、封じ込め工事で高額な費用がかかった場合は、国や自治体が費用の一部を補助するようになっています。アスベスト調査費用、吹き付け施工のアスベスト、アスベスト含有ロックウールの撤去などが補助金の対象です。

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ