コロニアル屋根の葺き替え費用

コロニアル屋根

 コロニアル屋根の耐用年数は、20年程度であると言われていますが、適切なタイミングで塗装メンテナンスや修理をを行うことで、30年以上の耐久性を維持できることがあります。そこで、コロニアル屋根のメンテナンスや葺き替えの費用と時期についてみていきましょう。

耐用年数を延ばすコロニアル屋根のメンテナンス

 新築住宅では、瓦屋根に次いで人気があると言われているコロニアル屋根は、経年劣化が早いので、塗装メンテナンスを行うことが普通でした。コロニアルは、スレート屋根の一種です。コロニアル屋根は、近年では性能がアップしており、実際の耐久年数は、30~35年程度にまで延びています。しかも、近年の新しいコロニアル製品は、メーカーのほうでも塗装メンテナンスが必須ではなく、美観や品質の維持のために行われるようになっています。

 

 しかし、一昔前のコロニアル屋根には、塗装メンテナンスが必要です。すでに設置から10~20年程度経ったコロニアル屋根なら、屋根表面に色あせや苔、カビの発生が見られるかもしれません。さらに雨漏りが発生しているなら、点検・修理を兼ねての塗装メンテナンスをおすすめします。

コロニアル屋根の葺き替え時期

 メーカーが発表しているコロニアルの耐用年数は、20~30年程度です。10年に一度は、点検や部分補修、塗装メンテナンスを行います。こうしたメンテナンスを行うことで、実際の耐用年数は、30~40年程度にまで延びます。

 

 しかし、規制前のアスベストを含んだコロニアル屋根は、20年程度でカバー工法による葺き替え工事が行われます。コロニアルを外からよく見て、チョーキング現象、色あせ、塗膜剥離、基材湿潤・凍害による反りや強度不足が発見できた場合は、葺き替え工事が行われます。

コロニアル屋根の葺き替え費用

 コロニアルの屋根の葺き替え費用は、同じコロニアルを使う場合は、新しい屋根材の施工単価が、1平米あたり5000~7000円です。
日本瓦は、1平米あたり8000~15000円です。ガルバリウム鋼板は、1平米あたり6500~8000円です。既存屋根の撤去費用が、1平米あたり1500~3000円です。下地補修費は、1平米あたり2000~3500円です。防水シートは、1平米あたり500~1500円です。足場設置撤去費用は、1平米あたり600~1500円です。

 

 ただし、古いコロニアル屋根でアスベストを含んでいる場合は、アスベスト除去処理費が別途必要です。この費用は高額で、1平米あたり2万円~8万5千円です。こうした葺き替え費用の目安を知ると、コロニアル屋根の葺き替え費用は、80~200万円程度かかることがわかってきます。

 

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

まずは電話で無料相談