DIYで屋根の葺き替えは危険?


日曜大工、DIYが大流行です。
昔も今も自宅をDIYでリフォームする人はいましたが、全国各地にホームセンターも増え、建築やリフォームに詳しくない人もDIYを始めています。ところが、屋根の葺き替えまでDIYでやってしまおうとする人もいます。
DIYでの屋根の葺き替えは危険なのでしょうか?

 

 
屋根の葺き替えをDIYで行うメリットやデメリット

DIYで屋根のリフォームや葺き替えを行うと、大幅に費用を抑えることができます。
ところが、専門家の間では価格でのメリットよりも、デメリットのほうが圧倒的に多いと考えられてます。

屋根の葺き替えやメンテナンスは、高所作業に慣れた人であれば問題ありませんが、最悪の場合は、転落事故につながる恐れがあるからです。

高所作業では、職人でも必ず足場を組み安全を確認してから作業を行います。
作業に慣れていない方が葺き替えを行うと、工期も長くなり、作業後の雨漏りの発生確率も高くなります。
やり直しも難しく、作業の仕上がりにもムラが出ることから、失敗した場合の建材の無駄や専門業者に依頼する際のコストなども余計にかかってしまい、DIYで屋根の葺き替えやリフォームはおすすめできない、ということになります。

 
屋根の葺き替えをDIYで行う危険性

屋根の葺き替えは見栄えばかりではありません。
DIYで屋根の葺き替えをしても、雨漏りが起こってしまうなら、葺き替え工事をした意味がありません。
DIYで費用を抑えようとする方は、慣れない屋根の部分のリフォームや葺き替え工事は、怪我の危険性もあり、ストップしたほうがよさそうです。

実際に自宅の屋根工事をDIYで実行した人は、最終的に修繕業者に依頼するケースが多くなっています。
これは専門知識がなければ、屋根の修理や葺き替え工事をしないほうが、無難だということです。

屋根の上での作業は必ず足場を組みます。
屋根の上にのぼることは、危険な行為です。
常に安全性に配慮して作業を行う専門家に作業を依頼すべきです。

 
瓦屋根の一部修理ならDIYも可能

瓦屋根の一部修理など、自分でやれる軽度の屋根修理なら、DIYでも実行できます。
作業の際の注意点としては、安全ロープ、滑りにくい靴、ヘルメットなどの安全道具を必ず使用しましょう。

屋根の上は高温です。
夏場の水分補給も重要です。
高圧洗浄機などを使用する場合は、その使い方に注意してください。
正しい使い方をしなければ、逆効果になることもあるからです。

瓦が割れた場合は、下地の清掃や修理、瓦パテや防水テープによる補修、新しい瓦との取り替えなど一部分での補修で済むような場合は、DIYでも屋根の修理をやってもいいでしょう。
ただし、こうした屋根修理も応急処置でしかなく、結果的に専門業者に屋根の補修を依頼したり、全面的な葺き替え工事を依頼したりすることになります。

 
結論!屋根の葺き替えは専門業者へ依頼!

屋根の葺き替え工事は、屋根にも耐久年数があるため、正しいメンテナンスを行っていたとしても必ず必要な工事です。
使われている屋根材を確認し、耐久年数の目安を考えながら、屋根の葺き替えを行う必要があります。

屋根の葺き替えにはパターンがあります。
日本瓦から日本瓦、日本瓦からスレート、スレートからスレート、スレートからガルバリウム、トタンからガルバリウムなどです。

屋根の葺き替えは専門知識や技術が必要です。
さらに、屋根全体を葺き替えるのであれば、費用にすると50万円~200万円かかります。
こうした費用は、必ずかかるものと考え、DIYではなく、ご自宅の屋根材に合った葺き替え専門業者に工事を依頼したほうがいいでしょう。

 
まとめ

DIYで慣れない屋根の葺き替え工事を行うことは危険です。
怪我の危険性や工事のやり直しの可能性も高くなります。
屋根の葺き替えは、ご自宅の屋根材に合った専門業者に工事を依頼したほうが無難です。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: