屋根の張り替え(葺き替え)の基礎知識
屋根 葺き替え

どんな建物であっても、屋根がある場合は、いずれは張り替えの時期を迎えます。
屋根の場合は、「葺き替え」という表現を使います。
屋根の葺き替えの必要性やタイミングについて解説します。

 

高額となる屋根の葺き替え工事
 
  屋根下地材
  防水シート(ルーフィング)

屋根の葺き替え工事は、建物のリフォームやメンテナンスの中でも最も大掛かりで、日数も要します。
高額の費用もかかります。
その理由は、古い屋根材を全て撤去したうえで、新しい屋根材に入れ替える作業を行うからです。
屋根の部分は、新築になりますので、雨漏りなどの屋根トラブルも全て解消します。

屋根の葺き替えにはパターンがあります。
日本瓦から日本瓦に葺き替えるパターン、日本瓦からスレート、スレートからスレート、スレートからガルバリウム鋼板、トタンからガルバリウム鋼板など、多くはこの数種類のなかの屋根の葺き替え工事が行われています。

日本瓦は25~30年、スレートは10~15年、トタンは6~10年ほどで点検を行い、劣化が激しければ葺き替えのタイミングです。

 
屋根の葺き替えのメリットとデメリット
 
 屋根 葺き替え 張り替え 

屋根の葺き替え工事の最大のメリットは、屋根の寿命が延びることです。
屋根材の全面葺き替えを行う時期は、約30年後です。

昔の屋根材よりも性能がアップし、軽量化されています。
今の屋根材よりも軽量の屋根にすることで耐震性もアップします。
耐震性を向上させる方法としても屋根の葺き替えは有効です。
新築同様になりますので、雨漏りの心配もなくなります。

反対に、屋根の葺き替えにもデメリットがあります。
塗装や修理に比べると、コストが高くなります。
材料費はもちろん、屋根材の処分費用、職人の人件費も工事日数分だけかかります。

葺き替え工事が、重ね葺きのカバー工法よりもコストが高くなる理由は、古い屋根材の撤去費用がかかることや工期が増加することが挙げられています。

 
屋根の葺き替えを実施したほうがいいケースとは?

屋根の葺き替えは、正しい方法を採用すれば、最も理想的な屋根工事です。
先ほども解説しましたように、屋根を軽量にするだけで、地震に強くなります。
下地(野地板)の腐食や老朽化が激しい場合は、屋根の葺き替え工事がベストです。

後付けでソーラーパネルを設置する際、カバー工法で施工された屋根には取り付け工事ができないこともあり注意が必要です。
また、屋根勾配を守っていない屋根の施工により、雨漏りの発生が多い屋根の場合は、屋根勾配に適した屋根材に葺き替える必要があります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ