屋根の葺き替え工事の流れ

葺き替え工事は、既存屋根を取り除き、新しい屋根材に変更する工事です。
古い屋根材を撤去するので、内側の防水シートなども交換することができます。
それにより屋根全体を健康な状態にリセットすることができます。

さらに、今より軽い屋根材に葺き替えることで建物の耐震性能を向上させることもできます。
ここでは、近年人気のある瓦から金属屋根への葺き替え工事の流れをご紹介します。

既存屋根材の撤去

既存の屋根材を撤去していきます。
取り外した屋根材は、落下しないように丁寧に重ねて、降ろしていきます。

葺き土の撤去

葺き土や杉皮などすべて撤去し野地板の状態にしていきます。
葺き土は、屋根瓦が滑り落ちないように瓦の下に敷く粘土の高い土のことです。

下地の状況確認

屋根材の下地(野地板)の状態をしっかりと確認し、傷みや腐食がひどいようであれば、新しい野地板に貼り直します。

野地板の補強

既存の野地板の上に、新しい野地板を重ね張りして補強していきます。
屋根面を補強することで家全体の補強にもなります。

防水シート(ルーフィング)の貼り付け

野地板に防水シートを貼り付けていきます。
屋根工事が完成すると見えなくなりますが、雨漏り防止には絶対に欠かせない工程です。

屋根材の設置

新しい屋根材を取り付けていきます。
雨水の流れを考慮して軒先から棟へと順に敷いていきます。

棟板金の設置

最後に棟板金を取り付けて完了です。



瓦屋根の葺き替えリフォーム費用

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ