屋根の葺き替え

屋根工事には、大きく分けて「屋根塗装」「カバー工法」「葺き替え」の3種類があります。
ここでは、葺き替え工事についてご紹介していきます。

葺き替えとは?

今ある屋根材を撤去して新しい屋根材を乗せ換える方法です。

葺き替えのメリット

  • 腐食した下地材(防水シートや野地板)の交換も同時にできます。
  • 軽い屋根材へ交換することで耐震性がアップします。
  • 屋根断熱を行うことにより冷暖房費が節約できます。

葺き替えのデメリット

  • 古い屋根を剥がすため手間と処理費が掛かります。
  • 解体時の音やホコリなど近隣への配慮が必要です。
葺き替えが必要な時期は?


屋根材の種類 葺き替え時期
瓦屋根 25~30年
スレート屋根 20~25年
金属屋根 15~20年

 

瓦自体は100年以上もつことが多いですが下地(防水シートや瓦桟)が傷んでしまうためメンテナンスが必要になります。
防水シート(ルーフィング)の寿命は、精々もって20年です。
スレートや金属屋根も同様に下地の傷み始めるタイミングで葺き替え工事が必要になります。

上記はあくまで目安です。
工事をおこなうべきかどうかは専門家が屋根に上り点検をする必要があります。

瓦屋根の葺き替えリフォーム費用

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ