瓦屋根の交換方法は?
瓦屋根の取替方法

高額となる瓦屋根の交換。
葺き替えともいいますが、長寿命と言われる瓦屋根であっても、雨漏りや修理が必要になることがあります。
瓦屋根の交換方法について基本的なことを知っていると、無駄なくベストなタイミング、手頃な価格での瓦屋根の葺き替え工事が依頼できます。

 

 
瓦屋根のメンテナンスや交換方法を知っていますか?

瓦屋根に使用される瓦は、長寿命ですが、必ず寿命がやってきます。
また、瓦が割れたり、雨漏りしたりしていると、修理も必要です。
寿命で耐久性能が落ちてきたら、瓦屋根の葺き替え工事が必要です。

瓦屋根の交換、葺き替えには、同じ陶器の瓦に交換する場合、セメント瓦に交換する場合の他、金属屋根に交換する場合もあります。
他に葺き直しといって、既存の屋根瓦を使って屋根の修理・メンテナンスを行う場合があります。
この場合は、費用も安く済みます。

瓦にヒビがある場合は、その瓦だけを交換して修理したり、部分的な補修をしたりします。
まずは、瓦屋根の修理やメンテナンス方法を知ることで、タイミングよく正しい処置を行うことができ、無駄な費用をかけることもないでしょう。

 
まずは自分で簡単な瓦屋根診断を行いましょう

屋根修理を業者に依頼する前に、まずは簡単な瓦屋根の自己診断を行うべきです。
その理由は、悪質な屋根工事業者も増えており、不要な工事や余分な工事、手抜き工事を行う業者も多くなっています。
本当に瓦屋根の交換や修理が必要なのかどうか、ご自身でも判断できるようになっていれば、だまされることはないからです。

別の建物から、棟瓦が見えるなら、歪みをチェックしてみてください。
まっすぐになっているかどうか、少しでも歪みがあると、歪みが大きくなって、最終的には崩れてしまいます。
強風や大地震の後は、特に要注意です。

また、瓦や欠け、瓦のズレがあれば、こちらも早急に補修しなければなりません。
そのまま放置すると雨漏りになりますので、すでに雨漏りの状態がひどい場合は、瓦屋根の交換を考える必要もあるでしょう。

瓦と瓦の隙間の漆喰も重要な部分です。
剥がれや崩れがないかを一つ一つチェックしていきましょう。
瓦と下地の劣化が激しいと判断できれば、瓦屋根の交換、葺き替え工事が必要です。
これも程度に応じて、補修するか、葺き替えを行うかを判断することが大切です。

 
屋根瓦の葺き替えその1

屋根瓦の交換は葺き替えともいいます。
瓦から瓦への交換、葺き替えは昔ながらの工法です。
その他、軽量瓦を使った施工も可能です。
予算や耐久年数などを考えた選択を行うべきでしょう。

工事開始前に、近隣への葺き替え工事前のご挨拶を忘れずに行ってください。
騒音や異臭、事故などの可能性も否定できませんので、きちんとご挨拶をしたうえで工事を開始してください。

最初は足場を組みます。
瓦や建材の撤去作業を伴いますので、建材などが周囲に飛ばないようにネットで覆います。

次に瓦を撤去します。
昔の工法では、土を敷き詰めて瓦を葺いていたので、大量の土が出てきます。
この土が重く、瓦とともに土の撤去作業が重労働となっています。
この後、下地作業に入ります。

 
屋根瓦の葺き替えその2

瓦や土の撤去作業が終わった後は、下地を調整します。
もともとある下地(野地板)は、長期間使用していたこともあり、傷みが激しい場合があります。
場合によっては、野地板を張り替えたり、合板を貼り付けて補修したり、補強したりします。

その上に下葺き材を貼り付けます。
下葺き材は、建物を雨漏りから守る重要や役割を担っています。
その後、土ではなく、防腐処理を施した軽量の瓦桟木を取り付けます。
同じ瓦屋根でも現在の工法では、土を使わないことが多く、屋根が軽量になり耐震性が向上します。

次に、瓦葺きを行います。
使用する釘やビスもステンレス製を使用し、錆びにくい金属を使用します。
最後は、棟芯木、棟瓦、役物などを取り付けます。
瓦の葺き替え完了後は、足場を撤去し、清掃を行います。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: