家の屋根、塗装か?葺き替えか?


戸建てにお住まいの方は、家が古くなれば、必ずメンテナンスや修理が必要です。
マンションと違い、しっかりと修繕積立金を貯めておかないと、一度に多額の出費が必要になります。
一般的に屋根のリフォームには、塗り替えと葺き替えがあります。

 

 
家の屋根のリフォームやメンテナンス方法

家の屋根は、定期的なメンテナンスやリフォームが必ず必要です。
常に雨風、熱や紫外線にもさらされています。
家の中や室内にいると、快適に過ごせますが、いつも過酷な環境下にあり、経年劣化による傷みもひどくなっていきます。

屋根材に使う素材が、粘土瓦であれば、30年以上塗り替えや葺き替えは不要ですが、建物の躯体の修理やメンテナンスが必要になるでしょう。雨漏りはどんな屋根でも避けられないトラブルです。

スレート屋根であれば、塗料の質により、10年前後で必ず塗り替えが必要です。
屋根のリフォームでは、塗装の塗り替え、カバー工法、葺き替えなどの方法が採用されています。
カバー工法は、重ね葺きとも呼ばれ、葺き替えの一種です。

 
なぜ屋根のリフォームが必要か?

屋根材は、粘土瓦であれば、30年程度は補修程度のメンテナンスで済みます。
しかし、スレート屋根であれば、約10年ごとに塗装が必要です。
スレート屋根の耐久年数が短いということがその理由です。

屋根の塗装・塗り替えは、築10年以内の住宅や屋根材の傷みが少ない場合に実施され、屋根の葺き替えに比べると、安価で済みますし、塗料によって屋根材が保護され、屋根の寿命を延ばします。

ところが、10年毎に塗装を繰り返しても、湿気などの水分が影響し、屋根材が傷みます。
20年もたてば、屋根の状態が悪くなっていることがあり、破損や下地の劣化が進んでいます。

屋根の状態が悪い場合は、カバー工法での屋根の葺き替えを行います。
カバー工法が実施されるのは、スレートなどの軽い金属屋根の場合に限られます。
カバー工法であれば、屋根の完全な葺き替え工事よりも、低価格・短期間で工事を済ませることができます。

 
屋根の塗り替えを実施したほうがいい場合

屋根塗装は、瓦屋根や金属屋根を保護する役目があります。
見た目の美しさよりも、屋根材を保護し、その品質を長期間維持します。
塗装がなければ、紫外線や熱や風により劣化が早まり、崩れやすくなったり、錆びたり、腐食したりして、雨漏りを発生させる原因となります。

塗料の塗膜による効果は、塗料の質にもよりますが、5年~15年程度です。
屋根材に特に傷みがなくても、耐久年数を目安に定期的に再塗装を行うと、屋根材の劣化を防いでくれます。

屋根材を丸ごと取り替える「葺き替え」という屋根工事は、塗装に比べると費用がかかり、100万円~200万円近くかかります。屋根塗装のみであれば、20万円~60万円程度です。
屋根塗装を定期的に行い、耐久年数を延ばすことで、結果的にメンテナンス費用の節約になることにも注目してください。

 
塗装は屋根材に対してどのような効果があるのか?

屋根材は塗装による保護がなくなっても、そのまま放置されてしまいます。
屋根のことをよく知らない人は、雨漏りがしないのであれば、永久に屋根が使えると思ってしまいます。

ところが、毎年確実に屋根材は劣化していきます。
瓦屋根よりもスレート屋根のほうが耐久年数が少なくなっており、そのままにしていると、屋根材だけではなく建物を保護することができず、雨水の浸食、紫外線などにより、屋内の腐食やカビが進行し、劣化が早まります。

屋根材が劣化すると、葺き替えも必要です。再塗装により、屋根材を保護し、その品質も長期間維持することができます。
屋根材の劣化は、地元の業者を呼んで点検してもらえば、早期に発見できます。
補修が必要な場合もありますので、気になったときや3年~5年ごとに定期的な屋根の点検が必要でしょう。

 
まとめ

家の屋根の補修やメンテナンスは必ず必要です。
その際、屋根の塗り替え、葺き替え、カバー工法などの屋根リフォームを実施します。
塗装がいいか、葺き替えがいいかは、ケースバイケースです。
予算の制限もありますので、屋根工事業者と相談のうえ、計画的なメンテナンスを行いましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: