天井の雨漏りの応急処置は?
天井の雨漏り

天井の雨漏りを発見したら、すぐに専門家に相談しましょう。
でも、すぐに専門家が来てくれない場合や天井から水が滴り落ちているような状況なら、応急処置を行うべきです。
ここでは、天井の雨漏りの応急処置について解説します。

 

 
雨漏りを見つけたら放置しないで冷静に対処!

天井の雨漏りを発見したら、屋根の上やベランダ、バルコニーなど、必ずどこかに不具合があり、その不具合が原因となって雨漏りが発生しています。
ところが、素人ではその原因がわからないことがほとんどです。
雨漏りの修理を先延ばしにしていると、被害が拡大します。
雨漏り修理や屋根修理の専門家を呼ぶ間の数日間だけでも、雨漏りの応急処置を行うことで、被害の拡大を防ぐことができます。

逆にそのまま放置していると、木材などの腐食が進みます。
シロアリが大量に発生することもあります。

また、雑菌が繁殖し、体調を崩しやすくなるなど、人の健康にも大きな影響を与えます。
大切な建物を守り、長持ちさせるには、正しい応急処置とその後の専門家による雨漏り修理が大切になってきます。

 
偶然雨漏りを発見した場合

雨漏りが発生すると、天井から水がポツポツと滴り落ちてきます。
こうした水をバケツで受けるようにしてください。
床が濡れると危険ですし、濡れた部分はすぐに雑巾などで拭き取ってください。

屋根や天井に穴があれば、その部分を塞ぐために、ブルーシートやビニールシートを使って覆います。
雨漏りがしているときは、雨が降っていますが、ブルーシートで覆うときも、テープで隙間なく留めて、土嚢袋を載せて風で飛ばないようにしてください。
風が強いときにはせっかく被せたブルーシートが飛んでいってしまうからです。

その後、防水テープを使い、室内で水が漏れている部分を塞いでいきます。
屋根裏の部分の水の漏れもベニヤ板やブルーシートで覆い、できる限り室内に入る水を防いでください。

 
慣れない雨漏りの応急処置で注意すること

天井からの雨漏りを発見したときの応急処置で注意することは、慣れない人ほど、怪我をしやすいということです。
屋根の上での作業を伴う場合、屋根から落下する危険性もあります。

2階建ての建物の屋根は、地面からの高さが、6メートル以上にもなります。
屋根の上に登ることもめったにない方なら、高所から落下する危険性があるとわかっていて十分に注意していても、何かの衝撃やうっかりしたミスにより屋根から転落してしまうことがあります。

雨漏りがしている状態で、その原因を確認する場合、強い雨や風の状態で行うことがありますが、危険を伴う作業です。
慣れない人が屋根の上に登るなどの行為はできる限り控えたほうがいいでしょう。
割安な料金で応急処置を行う業者もありますので、雨漏りがひどい場合には、専門家に相談すべきでしょう。

 
雨漏りの応急処置を行う業者も多数存在します!

雨漏り修理のプロの業者も多数存在します。
お住まいの地域にも信頼できる屋根業者や修理業者がいるはずです。
過去に修理を依頼したことのある業者や定期的に点検をしてくれる業者があれば、早めに連絡を取って雨漏りの修理・修繕をお願いしましょう。

雨漏り修理業者では、応急処置を修理費用に含めてサービスで行うところがあります。
信頼できる業者であれば、ほぼ無料での応急処置を行っています。
初めての場合でも、応急処置を専門に行い、必要に応じて本格的な雨漏り修理を行う業者があります。
場合によっては、火災保険に対応した必要書類の作成を行う業者もありますので、屋根の点検の機会があれば、複数の業者に見積もりや対応を依頼し、よく比較したうえで雨漏りの修理を依頼してください。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: