雨漏り発生原因別の瓦の修理方法
瓦屋根の雨漏り修理

 雨漏り箇所を発見したり、どうも室内が湿っぽい、カビ臭いと感づいたときには、瓦屋根のお住まいなら雨漏りの発生原因を突き止め、瓦が原因とわかったらすぐに修理を行いましょう。

Photo:http://www.kawarazen.com/blog/2017/01/post-124.php

 
瓦が原因となる雨漏りトラブルの箇所

瓦屋根 雨漏り箇所谷
Photo:http://www.hamana-k.com/diary/2015/06/post-2.html

ここでは雨漏りの原因が「瓦」にあると考えらえるトラブル箇所について取り上げてみましょう。

室内の天井を見上げてみると、いつの間にか雨染みが発生していることがあります。これは屋根の部分に雨漏り発生の原因があることで発生するものです。

瓦が原因となっているトラブル箇所を取り上げると、流れ壁の取り合い部では、谷部に水が集まります。降雨量が増えると水嵩が増すので雨漏りしやすくなります。昔の瓦屋根はのし瓦と葺き土で雨水の浸入を防いでいたので雨漏りが発生しやすかったようです。

瓦が割れた場合はその下のルーフィングに雨水が入ります。のし瓦が脱落していた場合は雨水が下の葺き土に入り浸食します。 強風や振動により瓦がズレると、隙間が大きくなり雨水が浸入しやすくなります。

以上が「瓦」が直接の原因となる雨漏りトラブルです。他にも雨漏りの原因となる箇所がたくさんあります。ケースバイケースで適切な対処を行い、補修して雨漏りをストップさせてください。

 
屋根の専門家に定期的に点検を依頼

鬼瓦のずれ
Photo:http://mbp-gifu.com/kawaraya/column/1760/

瓦は長寿命です。大切に使えば素材そのものは50年以上の耐久性があります。他の屋根材に比べて価格が高価な理由は、特別なメンテナンスが不要で長持ちするからです。

しかし、瓦のズレや破損は台風や地震などの自然災害でも発生することがあります。雨漏りの原因にもなりますので、定期的に専門業者にも点検を依頼してください。

点検の際のポイントは、陸棟(ろくむね)部分、鬼瓦部分の漆喰の剥がれやズレ、隅棟部分の漆喰の剥がれやのし瓦のズレ、隅鬼瓦部分の隙間や傾き、袖部分の割れやズレによる隙間の発生、谷部分の板金の錆び、軒先部分の軒瓦の飛び出し、屋根平部分のズレや割れ、壁際部分のズレや割れなどです。

屋根診断や点検は高所作業ですので、自分で点検するよりも信頼できる業者に依頼するほうが無難でしょう。

 
瓦屋根の補修方法いろいろ

瓦屋根 1枚交換
Photo:https://riverstone-roofing.com/examples/20140529_fix/

瓦屋根の補修では、瓦一枚などの部分的な補修ができることが大きなメリットです。瓦は正しい使い方をしている限りでは、最も丈夫で耐久性の高い屋根材です。 瓦が一枚割れた程度なら、思い切って割れた瓦を新しい瓦に交換したほうが簡単で安価です。瓦一枚の価格も2~3万円程度です。

天井から雨漏りが発生しているケースでは、古い屋根瓦の下にある下地材が葺き土だった場合には、新たに高級改質アスファルトルーフィングを張ります。再度古い瓦を葺き直し、葺き土の代わりになんばん漆喰などを使います。古い瓦をそのまま使用するため、修理費用も大幅にコストダウンできる瓦屋根の雨漏り修理方法です。

 
瓦屋根の葺き替え
瓦屋根の葺き替えリフォーム費用

築50年以上の建物であれば、瓦屋根の葺き替え工事が行われます。瓦屋根全体が劣化しているため、部分補修を行っても雨漏りが改善しない場合があるからです。

雨漏り箇所がたくさん出てきた時も瓦の葺き替えが行われます。 瓦の状態がよければコストダウンにもなる「瓦の葺き直し」も行われます。瓦以外は新しい部材を使用するため、見た目には以前と全く変わらないというメリットがあります。

瓦も性能が向上しており、費用にそれほど差がないので新しい瓦による葺き替え工事がおすすめです。新しい屋根になれば、雨漏りの心配も全くなくなります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: