雨漏りを放置していると?
雨漏り放置

雨漏りは古い建物だけではなく、建物の不具合や自然災害によってもたらされるトラブルです。
お金がない、雨漏りなんて大したことない、と思い雨漏りを放置していると、建物や人間にも悪い影響を与えます。
ここでは、雨漏りを放置すれば、どれだけ危険なのかについて解説します。

 

 
建物に悪影響を及ぼす雨漏り

雨漏りは、建物の古い、新しいに関係なく発生しています。
雨漏りの発生により、雨水が家屋に侵入すれば、建物だけではなく、人の健康にも悪い影響を与えることがわかっています。

雨漏りにより、少しずつその被害が拡大していきます。
雨水が家屋に侵入したときには、相当な時間が経った後であることが多く、早めの発見と対策が必要です。

初期の雨漏りでは、天井や壁のクロスにシミが発生します。
クロスが剥がれやすいといった状況であれば、室内に雨漏りが発生している可能性が高くなります。

その後、湿度が上がりますので、カビも発生しやすくなります。
木材や塗料が栄養分となり、大量にカビが発生すれば、見た目も悪くなりますし、お子さんや病気の方だけではなく、健康な人であっても、アトピーや呼吸器疾患にいたることがあります。

 
家財の水濡れや漏電の被害

雨漏りにより、天井や壁に雨水が侵入します。
天井からポタポタと水が落ちてくる状態であれば、室内の家具やカーペットも濡れてしまいます。
少しの雨なら問題なくても、台風や集中豪雨が発生すれば、大量の雨水が屋内に流れ込んできます。
場合によっては、床や畳が水浸しになることもあります。

寝ている間に水が侵入し、家具やソファ、電化製品が濡れてしまうと、汚くなって使えなくなったり、壊れてしまったりします。

さらに、屋根裏の電気回路に水が触れると、漏電や感電の可能性も高くなります。
その結果、電気がストップし、トラブルが発生します。
漏電は住宅の火災にもつながります。
漏電ブレーカーなどの漏電防止装置もありますが、雨漏りから火災が起こる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

 
シロアリのトラブル

湿気の多い木造家屋は、カビが発生しやすいのと同時に、木材が腐っていきます。
家の柱が腐食したりすると、柔らかくなって、シロアリが好むエサになってしまいます。
そのうち、シロアリがやってきて、建物の中でも重要な木材が食べられてしまいます。

シロアリは、食欲も旺盛ですので、すぐに建物の柱もボロボロになってしまいます。
木材の他、断熱材や電線、ビニールなども食べてしまい建物の内部にも侵入していきます。

例えば、床がフワフワしたり、建て付けが悪くなってきたりしたら、シロアリが発生し、食べつくしてしまっている可能性が高いといえます。お住まいの地域や場所により、発生するシロアリの種類も異なっています。

長期間雨漏りを放置している方は、特にシロアリの被害に注意してください。
最悪の場合には、地震により建物が倒壊することもあるからです。

 
健康にも悪い影響があります!

雨漏りを放置すると、自宅の建物だけではなく、大切な家族の健康やあなた自身の健康にも悪影響を及ぼします。
雨漏りが長引くと、カビが発生しやすくなります。
免疫力の弱いお子さんや高齢者、アトピーなどのアレルギー体質の方は特に要注意です。
体調を崩し、病気になりやすくなります。

さらに感染症やカビ中毒にもかかりやすくなります。
水虫やタムシなどは感染症の一種です。
多少のカビであっても、敏感な体はすぐに反応し、咳や喉の痛み、頭痛などを引き起こします。
シックハウス症候群も、雨漏りのカビが原因で誘発される症状だと思ってください。

カビにより、室内に嫌な臭いがするようになったら、あなたや大切な家族を守るために、雨漏り対策と同時にカビ対策や換気をしっかりと行いましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: