トタン屋根の雪止め金具の設置方法

トタン屋根 雪止め

出典:http://www.watanabe-kawara.com/

 雪の多い地域の住宅には、「雪止め」が必ず設置されています。雪止めは、屋根に積もった雪が落下しないようにブロックする役割を果たしています。雪止めには他にもいろいろな役割があります。ここでは、雪止めの役割や効果、設置方法、注意点などについてお伝えしています。

雪止めは本当に効果があるの?

 雪の多い地域では、屋根の雪止めの設置は必須です。瓦やスレート屋根、トタン屋根にも新築時に最初から設置されています。しかし、豪雪地帯では、雪が多すぎて雪止めの効果が得られないため、逆につけない場合があります。

 

 後付けで設置する場合は、雪止めが必要な特殊なケースです。それは、突然大雪が降る地域です。記録的な大雪が数年ごとや毎冬数回起こるようなら雪止め設置の効果があるはずです。軒先に植木やカーポートの屋根があると、雪の重みで落下した雪が人に直撃し、死につながることがあります。隣地と近い位置に家が建っている場合も屋根の雪が隣の敷地に落ち、同様にカーポートや植木などに落下し、近隣トラブルになる可能性が高まります。

 

 雪止めは、雨樋の破損を防ぐ役割を果たしています。大量の雪が雨樋に引っかかると、傾いたり、破損したりするからです。このような被害が予想される場合は、後付けであっても雪止めを設置しています。

トタン屋根の雪止め設置方法

 雪止めの設置方法は、簡単です。後付けでも専用の雪止め金具が販売されていますので、屋根の上の高所作業に慣れた専門職人ならスムーズに作業できます。トタン屋根などの金属製の屋根の場合は、アングルタイプの雪止め金具を設置します。アングルタイプは、長い金属棒を屋根の上に横に設置して金具で留めて雪止めとしています。

 

 また、トタン平葺用(横葺)の羽根付雪止め金具の場合は、一つ一つの取付間隔が決まっています。軒先より2段目と4段目に千鳥に並べ、45センチの間隔で取り付けていきます。屋根の形状や勾配に合わせて、千鳥配列の段数を増やしたり、減らしたりします。

雪止め設置時の注意点

 一般的なアングルタイプの雪止めをトタン屋根に設置する場合の費用相場は、13~16万円です。別途、足場代がかかることがあります。
自分で取り付ける場合は、同様に6万5千円~9万円です。自分で取り付ける場合は、使用する金具の種類の選択や金具の取り付け位置に注意を払う必要があるでしょう。

 

 しかし、高所作業は危険です。作業に慣れた地域密着の屋根修理業者に設置作業を依頼したほうがいいでしょう。都道府県によっては、条例で雪止めの設置を義務化している地域もあります。雪災により、火災保険が適用されれば、無料で雪止めを設置できる場合があります。まずは、信頼できる地域密着の優良業者に、雪止めが必要かどうかを相談してみてください。

 

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

まずは電話で無料相談