外壁塗装は雨漏り修理ではなく予防対策として行います!
外壁塗装 雨漏り

外壁塗装は、雨漏りを直せるものではありません。本来は外壁材を保護するために行うものです。

外壁塗装を行う前に必ず別途雨漏りの修理を実施するようにしてください。外壁塗装業者のセールストークを鵜呑みにしないようにしましょう。

Photo:https://suncolour.co.jp/

 
外壁塗装の役割

外壁塗装 雨漏り

屋根塗装だけではなく、外壁塗装をおすすめする塗装業者も数多く存在します。外壁材の表面を保護するという目的が第一ですが、雨漏りから外壁を守るというよりも、空気中のチリやホコリから外壁を守る目的が強いものです。

近くに工場があれば砂埃や土埃が煤煙とともにやってきます。自動車の通行が多い場所なら、もっとホコリが外壁に付着します。いずれも、外壁の表面を傷つけ、有害物質を含むチリやホコリもありますので、外壁材の表面が化学変化を起こしてしまいます。

セメントや金属が原材料となっている外壁では、酸性の有害物質により中和されたり、錆びを発生させたりしてしまいます。こうして雨が降ったときに水分が外壁内部にもしみ込みやすくなり、雨漏りを発生させてしまいます。

外壁表面の塗膜はとても重要です。水分がしみ込まないように、外壁表面を塗装の塗膜で保護する必要があります。

古くなって劣化が進んだ外壁は、隙間から水分がしみ込み、膨張と収縮を繰り返し、クラックが入り、剥がれたり、崩れたりします。こうした理由から耐用年数に合わせた外壁塗装が推奨されています。

 
雨漏りしている場合の外壁塗装

外壁塗装 雨漏り
Photo:http://www.plussapporo.asia/category1/entry40.html

既に外壁やサッシから雨漏りがしている場合、外壁塗装だけで雨漏りが改善するわけではありません。雨漏り箇所をしっかりと修繕したうえで外壁を保護するために外壁塗装を行います。

この順番が逆になってしまうと、外壁塗装後にもう一度雨漏り修理を行うことになり二度手間になってしまいます。

基本的には雨漏りは雨漏り修理の専門業者に工事を依頼することが大切です。雨漏りを外壁塗装で修理するという意味ではなく、正しい雨漏り修理を行ったうえで、外壁表面の保護や防水性の向上のために外壁塗装を行うということを知っておきましょう。

そのためには、次にご説明する外壁塗装前の点検や調査がとても重要となります。

 
外壁塗装前の点検・調査がとても大切です!

外壁塗装 雨漏り
Photo:http://www.bousuiichiba.com/news/example/310.html

雨漏りがしている場合、まずご自身で目に見える範囲で構いませんので点検や調査を行ってください。

壁や天井の様子をよく見てください。外壁が原因なら窓枠やサッシ周りは雨漏りが発生しやすい箇所です。 天井にできた染みも雨が降るたびに広がっていくようであれば、雨漏りが進行している可能性が高くなります。

スマホなどで画像を定期的に撮って比較すると天井の染みの様子もよくわかります。

その他、雨水の流れた跡、カビ臭さなどの臭いも雨漏り発生のポイントです。雨漏りの原因がベランダやバルコニーであることも多く、よくわからないのであれば、雨漏り専門業者に点検や調査を依頼することが大切です。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: