やっておきたい外壁塗装
img_4965

外壁塗装は、リフォーム業者から言われるがままにするものではありません。
勧められたからといって、費用の内容に根拠のない外壁塗装は、高額すぎたり、不要な工事が入っていることもあり注意が必要です。
そこで、外壁塗装が必要な理由や使われる塗料、費用など、気になる点についてまとめました。

 
 
外壁塗装が必要な理由

外壁塗装は、新築から10年たつと、施工したホームメーカー、ハウスメーカーから勧められることがあります。
10年点検などを行うケースも多く、そこで家の建物全体の状態を点検します。
外壁が傷んでいたり、雨漏りや壁の中の柱が腐っていたりすることがあり、定期的に見直しが必要です。

外壁は、壁の表面だけの問題ではなく、その内部の不具合をも防ぐ働きがあります。
素人にはわかりませんが、専門家が外壁を見ると、目に見えるひび割れがあったり、汚れた外壁、壁が剥がれていたり、錆びやカビが発生していたら、外壁塗装のタイミングだと考えていただいていいでしょう。

タイミングは、新築から数えて10年~15年といったところです。

 
 
外壁塗装で選ばれる塗料

外壁塗装では、高機能な塗料を使用します。
費用が高くて、高機能なものであれば、遮熱・断熱効果も高く、省エネ効果も期待できる塗料だといえるでしょう。
長期的にその効果を期待するなら、少しお金をかけたほうがいいと思います。

塗装の前には、高圧洗浄をかけ、既存の塗料を全てきれいに洗い落とします。
その後、塗装に取り掛かります。
塗料の種類は、いくつかありますが、アクリル系、シリコン系・ウレタン系、フッ素系などが代表的です。

アクリル系は、安く屋根塗装を済ませたいときに使われます。
価格は30万円程度、寿命は5年~8年です。

シリコン系・ウレタン系は、30万円~40万円となり、寿命は10年ほどです。
バランスの取れた塗料だといえます。

フッ素系は、50万円前後の費用です。
寿命は15年程度で、汚れがつきにくい点が大きなメリットです。

この他、断熱性や遮熱性を高めた塗料も存在し、金額が上がっていきます。
予算内で最も機能の優れた塗料を選ぶべきでしょう。

 
外壁塗装の費用の目安

外壁塗装の費用の目安や相場はどのくらいなのでしょうか?
塗料別にみても金額が全く違いますし、外壁、屋根、足場代などを加えると、外壁の状態に応じてかかる費用に相当な幅があることに注意してください。

30坪の住宅の場合では、アクリル塗料が最も安く、60万円が相場価格です。
フッ素になると110万円以上かかります。
さらに高機能な光触媒であれば、最も高い130万円程度を目安として考えるといいでしょう。

外壁塗装は、延べ床面積や平米数あたりの施工費用を算出する場合、数十万円の幅が出てしまいます。
こちらも1社だけではなく、複数の優良 業者による相見積もりが必要になってきます。
塗料代以外にも、足場設置費用、人件費、その他諸経費などが記載されています。

算出する際の単価や数字など、妥当なものであるのかどうか、比較できるのかどうかをしっかりと確認し、他社と内容や費用を比較してみるといいでしょう。

 
外壁塗装で問題となるケース

外壁塗装では、相場がわかりにくく不明確です。
よくわからない、知識不足の方が外壁塗装の業者に依頼すると、高額のまま契約を結ばされてしまうことがあります。

特に訪問販売では、その場で契約を結ばされることもあり、考える時間のないまま外壁塗装を依頼し、高額の費用を支払うことになってしまいます。

外壁塗装は、施工後のチェックも難しく、手抜き工事も発見しにくいことから、騙されるケースが多くなっています。
複数の業者に見積もりを依頼し、安すぎたり、大幅値引きなどを行い契約を迫ったりする場合もありますが、即決しないで、次の機会に改めて契約することを決めましょう。

 
まとめ

外壁塗装は、建物が劣化する前に必ず行っておきたい工事です。
正しい知識を知り、悪徳業者に騙されないように、外壁塗装工事を依頼し、建物の外壁や内部を維持して、さらに寿命を延ばすことができるものです。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ