屋根塗装は本当に必要か?
屋根塗装 必要

大切なお住まいは常に厳しい自然環境にさらされ、日に日に劣化していきます。
新築で購入したお住まいも、10年も経てば立派な中古住宅です。
見えない部分、特に屋根の部分の劣化は気づかないうちに進行しています。
メンテナンスを行わなければ、お住まいの寿命も短くなります。
屋根塗装は必要なメンテナンスの一つとして専門家も推奨しています。

 

 
屋根塗装が必要な理由

屋根塗装をしてもしなくてもお住まいの建物は必ず古くなり、壊れたり、雨漏りがしたり、劣化していきます。
屋根や外壁は、厳しい自然環境に直接さらされている部分です。
劣化して、ボロボロになっている家もありますが、塗り替えを行うのは、建物の美観を維持する以外にも重要な目的があるからです。

新築で建てられた建物も、屋根や外壁には塗料が塗られています。
塗料は、その塗膜に高い防水機能があり、雨水の浸入を防いでいます。

ところが、雨や風、強い紫外線、黄砂などの砂埃がかぶると屋根の劣化が早まります。
こうして、塗装のひび割れや剥がれ、チョーキング現象などが起こり、次第に建物の塗料の塗膜の防水機能が失われていきます。
雨水が入れば、建材や壁の内部、室内も腐食し、傷みやすくなります。

屋根の塗装を行うことで、再び塗装面の防水機能が建物全体を守り、建物の寿命を延ばすことができます。

 
屋根塗装のメリットとは?

戸建て住宅にお住まいでも、屋根塗装を行わない場合があります。
瓦屋根などは屋根塗装が不要だと言われています。
瓦屋根を除くと、ほぼどんな屋根も屋根塗装を実施したほうがいいと言われています。

トタンやコロニアルなどの屋根材を使用していて、そろそろ屋根の塗装を考えているなら、屋根塗装のメリットを知り納得したうえで工事を依頼したほうがいいでしょう。

屋根塗装により、棟板金やトタン屋根であれば、金属部分の錆びの発生を抑えることができます。
塗膜の防水性が高まり、雨漏りの発生も少なくなります。

屋根が劣化すると最終的には葺き替え工事が必要です。
スレートや金属屋根であれば、塗装により屋根の腐食を防止し、耐久年数を延ばすことができます。

コケやカビが発生している屋根や外壁を見かけますが、雨漏りや雨水の浸入の疑いがあります。
塗装により、コケやカビの発生も抑えられます。

さらに機能性の高い塗料であれば、遮熱や断熱性能を併せ持っており、夏も冬も快適な室温で室内を保つことができます。

 
屋根塗装では塗り替え時期の見極めが特に重要

屋根塗装では、その塗り替え時期の判断が難しいようです。
ご自身がお住まいになっている建物の屋根に使われている塗料の種類や耐用年数を知っている人は少ないはずです。
屋根以外にも外壁塗装がありますが、使われている塗料などに詳しい人は少なく、全て専門家任せで建てられた住宅ほど、塗装の塗り替え時期やメンテナンス、補修のタイミングを知らないまま時間が経過している場合があります。

屋根の塗り替えでは、スレートなら10年、トタンなら5~8年となっており、簡単にこの目安を覚えておき、必要であれば数年ごとに定期的な屋根の点検を行いましょう。
塗り替えが必要であるかどうかは、専門家の意見を参考にするといいでしょう。

塗装の状態を見て、艶の有無、色あせ、チョーキング、コケやカビの発生、塗装の剥がれなどが発見できれば、修理・メンテナンスのタイミングとなります。

 
屋根塗装が不要なケース

屋根塗装が不要なケースもあります。
外壁では使われない瓦は、屋根材のなかでも最も耐久性があり、塗装の必要がありません。
瓦屋根の場合は、屋根の塗装ではなく、屋根に使用されている金具や漆喰の補修が必要です。
瓦の劣化や破損は、屋根の葺き替えを行うことで対応していますので、塗装の必要はありません。
屋根の葺き替え工事でも、瓦屋根の葺き替えは、塗装工事に比べるとはるかに高額です。

しかし、瓦屋根の寿命は、50年~60年程度であると言われています。
一度使用した瓦屋根は、建物の耐用年数よりも長く使える計算です。
大切に使えば、屋根の葺き替えではなく、葺き直しでの対応も可能です。

このように、屋根の種類により、屋根の塗装が不要なケースもあることを知っておきましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ