初めての外壁塗装リフォームでのポイント
外壁塗装

戸建て住宅にお住まいの方は、「高額な外壁塗装リフォームなんて不要なのでは?」
と思っている方も多いかもしれません。
あるいは、節約のためにリフォームを先延ばししたり、DIYで簡単に済ませてしまうケースも多いようです。

しかし、外壁塗装リフォームは築後ある時期を過ぎるとどんな建物にも必要です。
初めての外壁塗装リフォームで失敗しないように簡単にポイントをまとめました。

 

 
外壁塗装は本当に必要?
 
  シーリング劣化(シーリングの劣化)

外壁塗装は必ず必要といえば、塗装業者のセールストークなのかと思われてしまいます。
そのため、訪問営業も少なくなっており、外壁塗装のタイミングが来ていても、リフォームをなかなか実施しないことが多くなっています。

しかし、外壁塗装は、外観を美しく見せるだけのために行うものではありません。
外壁は、風雨や太陽光による紫外線、気温の変化などにより、次第に汚れ劣化していきます。

何も手入れをしなければ、外壁にひび割れが生じたり、チョーキングと呼ばれる白い粉が出てきたり、水が浸み込み建物内部が腐食します。
こうした現象は、何もお手入れをしなかった場合です。

外壁塗装リフォームは、大切な住宅のお手入れです。
10年や15年などの節目に定期的に点検を行い、外壁塗装リフォームを行うべきかどうかを判断してください。
誰にも何も言われないからといって、何もお手入れしなければ、建物の劣化が早まり外壁だけではなく建物内部もボロボロになってしまいます。

 
外壁塗装せずに放置しても大丈夫なのでしょうか?
 
 外壁塗装 価格

外壁塗装リフォームは、必ず必要です。
一度も実施したことがなく、建物に関する知識があまりない方なら、専門家に点検を依頼したほうがいいでしょう。

外壁塗装の費用は高額です。数十万円~100万円以上かかることもあります。
こうした費用は、数十年かけて貯めておく必要があります。
マンションでいえば、修繕積立金のようなものです。
一戸建ての場合は自主的に貯めて、外壁塗装リフォーム時に使うといいでしょう。

外壁塗装は、必ず必要ですので、そのままですと、クラック、コケ、カビ、チョーキング現象など、目に見える劣化現象が始まります。
塗料の塗膜が剥がれると、下地にまで影響し、柱や土台などの住居の構造部分が劣化します。
気づかないうちに内部の劣化が進行しますので、注意しなければなりません。

 
外壁塗装リフォームに関する正しい知識で悪徳業者に騙されないようにする!
 

外壁塗装

予算がない方は、外壁塗装工事でもできる限り費用を減らすために、見積もり内容を見て、無駄な工程を減らしたり、グレードの低い塗料や材料に変えたりします。
自ら行う手抜き行為は絶対にやめておきましょう。

また、複数社に見積もり依頼を出した後に、価格やその内容を比較するとき、どうしても工事費用の安い業者を選択することになってしまいます。

例えば、上塗り工程を1回しかしない、高圧洗浄の時間が短い、足場レンタルの場合は、工事時間を無理に短縮する、人件費を削ろうとする、などの「無理なお願い」をすると、結果的に外壁塗装リフォームが不満足な結果に終わってしまいます。
これでは誰が悪徳業者なのかわからなくなってしまいます。

根拠のある適正価格であれば、格安業者よりも通常作業を行う業者のほうが安心して工事を依頼できることを知っておきましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: