屋根塗装での色別のメリットとデメリット
屋根塗装 グリーン

屋根塗装をする場合、屋根の色を何色にするかで迷われる方は多いと思います。

屋根の色によって家のイメージがガラッと変わるので、 飽きのこない まとまりのある色を選ぶ必要があります。

今回は屋根塗装をする際の色別のメリットやデメリットを紹介したいと思います。

出典:http://suzukipaint.blog.fc2.com/blog-entry-664.html

 

屋根塗装に使われる色のメリットデメリット

屋根塗装 ブラウン

日本の家の屋根は暗い色が使われる傾向が強く、ダークグレーやダークブラウンなどが多く使用されます。

では色別にメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

・黒色

おしゃれで家全体がすっきりとまとまります。ですが熱を吸収しやすい色なので黒色を使用される場合は断熱塗装屋天井の断熱もした方が良いです。

・白色

塗装したての時は白色はとても綺麗な色なのですが、清掃やメンテナンスを怠ると黒く汚れてしまいます。
なので定期的なメンテナンスが必須と言えるです。

・黄色

明るい色なので家全体が明るく見えます。
ただ並んでいる家などとあまりに違いすぎる場合は目立ってしまうのが注意点です。
薄めの色の場合は汚れが目立つこともあります。

・青色

青色には暗い青色と薄い青色があるので、一概には言えませんが 、少し暗い印象になってしまう可能性があります。
外壁の色と合わせてマッチしたものを選びましょう。

・オレンジ色

洋風な住宅によく合う色で発色が良く汚れにくい色になります。

・グレー

グレーは遮熱の効果もあるとされていて、中にはグレーにしてから家が涼しくなったと言う方もおられるくらいなので、デザイン的にも効果的にも人気の高い色になります

・茶色

汚れがついたりしても目立ちにくく、外壁を少し派手めな色にしたとしても馴染みやすい色になります。

・赤色

色あせが起こりやすい色ですが、屋根が赤だと家のアクセントになります。

 

失敗しない屋根色選びのコツ

屋根塗装 カラー

カラーサンプルなどで色選びすることは良くありますが、実際に光があったたりすると色の具合がまったく違って見えたりする可能性があり塗ってからイメージと違うなんてことも良くあります。

なので気に入った色が見つかった場合はその色が使用された家を実際に見せてもらったほうが完成のイメージが掴みやすく、失敗する可能性が低くなります。

そのほかに有効な手段が試し塗りをしてもらう方法です。

しかし試し塗りは自分の家にしてもらうので、ここまでくるともう塗り直すのを決めそしてその業者にすると決めてからでないと行えません。しかしもう決まっている場合は、実際の色知るにはとても有効な手段だと言えます。

屋根塗装の見積り例!価格相場は?

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: