屋根の塗り替え、色選び


一度塗り替えたら、そう簡単に塗り直しができないのが屋根の塗り替えです。
その際、屋根の色選びが大変重要になってきます。
住まい全体のイメージも変わりますので、慎重に色選びを考える必要があります。

 

 
地域の景観ガイドラインを基に全体の色を決める

屋根の塗装の劣化、苔や汚れがひどくなってきたら、屋根の塗り替えリフォームを行う必要があります。
屋根塗装では、塗料や下地処理に目が向きますが、色選びにスポットを当てると、これまでの屋根の色を変えるような場合、住宅の外観のイメージが一新してしまいます。

センスのよい色選びをしないと、屋根と外壁がちぐはぐになってしまいますし、窓や玄関の建具との調和も崩れてしまいます。
そのため全体のイメージを崩さないような色選びが大切になってきます。

また、お住まいの地域によっては、「景観ガイドライン」を定めているところがあり、自治体によりますが、外観カラーも今の屋根の色と同じような種類を選ばざるを得ないこともあります。

このように、屋根の塗り替えには、塗装業者との事前の綿密な打ち合わせやしっかりとした調査が大切になってきます。

 
屋根塗り替え時の色選びの注意点

屋根塗装では、見本帳と実際の色と比べた場合に、見た感覚が全く違うように見えることがあります。
これは見え方に違いがあり、どうしても目の錯覚が生じるということです。
屋根の部分は面積が広く、錯覚により、色が微妙に異なるイメージとして目に飛び込んできます。

面積が広いとこうした錯覚を起こしやすいことがわかっています。
また、光の当たり具合や周囲の色が一緒に目に入ると、やはり少し違った色に見えてしまいます。
このような場合は、実際に同じ色を塗った建物の屋根を現地に行って見せてもらうといいかもしれません。

基本的には、低彩度で、多少地味目、建物全体に似合う色を選んでください。
そのため、配色は2~3色に留めておきましょう。

 
4つの基本色から屋根の色を選ぶ

屋根塗装の色選びでは、低彩度がいいということでした。
最も基本的な4色は、ブラック、グレー、グリーン、ブラウンです。
これらの色を聞くと、住宅地では実際によく目にしたことがあるはずです。
これは偶然ではありません。
この4色は屋根の基調の4色と呼ばれるほどポピュラーな色です。

屋根の色が決まると、外壁やサッシの色なども自動的に決まります。
ここで好みの色を選ぶよりも、似合う色、無難な色を選ぶことで、建物全体の色の調和や統一感がよく出て印象度や好感度がアップします。

グリーンやブラウンは色あせしやすい色ですが、ブラックは色あせしにくい色です。
汚れが目立つ色もありますが、メンテナンスを考えるなら、選ぶ色が自ずと決まってくるのではないでしょうか?

 
よく採用されている人気の屋根の色を選ぶ

屋根塗装の色選びで迷ったら、よく選ばれる人気の色を選んだほうが無難です。
屋根の面積が広いため、失敗は許されません。
屋根の色選びで失敗すると次の塗り替えやメンテナンス時期までそのままの色です。

やはり、慎重になって、人気ランキングでよく選ばれる色を選択してください。

一番人気は、スチールグレーです。真っ黒ではなく、青みを帯びた濃い灰色です。

アイボリーブラックは、象牙を焼いて灰にした色ですが、温かみのある黒です。

ブラック系では、トゥルーブラックも人気です。

茶系統では、赤みのある茶色をした濃い灰色のトープ、他に落ち着いた濃い緑のスレートグリーンも人気です。

 
まとめ

屋根塗り替えでの色選びのポイントについて解説しました。
直射日光を受けるため、鮮やかな色ですと、色あせ・汚れが目立ちます。
そのため、灰色や黒をベースにした色がよく選ばれる傾向があります。
暗めの色ですが、シミュレーションや試し塗りを行い、実際の仕上がりに近いイメージを確認して、屋根塗装の色選びを行いましょう。

屋根塗装の見積り例!価格相場は?

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: