失敗しない外壁・屋根塗装のポイント
 
計画的に外壁塗装を行うことが重要

マンションや戸建て住宅の外壁塗装・屋根塗装は長期的視野で定期的に実施すべきです。定期的なメンテナンスにより、建物の寿命を延ばし、一回のメンテナンスにかける費用も低くなります。高品質で長寿命の塗料を使い、下準備を丁寧に行い、見た目の美しさを重視しますが、シンプルな塗装工事になります。費用も20万円程度から、火災保険が適用されるなら、無料で実施することが可能です。

 
屋上や共用部分の塗装なども同時に行うとコストダウン

外壁や屋根塗装を行う理由としては、建物の他の部分に比べると劣化が早いことが挙げられます。適切なタイミングで効果的な外壁・屋根塗装を実施しなければなりません。

屋上の防水塗装は、5年に一度が目安で、外壁よりも消耗しやすくなっています。雨漏りの危険性を考えると、3年に一度は、防水塗装の状況を確認しなければなりません。塗装状態に問題ないと思われても、5年に一度防水塗装を行い、部分的な塗装よりも外壁や屋上部分なども含めて共用部分の塗装も一緒に行うと、将来的にかかる全体の塗装費用を抑えることができます。

 
現時点での外壁塗装の単価や相場の金額を知る

外壁・屋根塗装は、10年や15年といったスパンで行います。防水塗装は5年といった短い期間です。5年や10年もたつと、外壁・屋根塗装の単価や相場も全く変わっています。数年ぶりに屋根・外壁塗装の依頼をする前にネットや相見積もりで現在の外壁・屋根塗装の単価や相場を知るといいでしょう。もちろん、塗料の種類により、単価が違ってきます。

工事の見積もりでは、大きくは塗料の価格と施工費用に分かれています。施工費用には、外壁を囲む足場の費用が含まれています。足場の有無により、費用が大きく変わってくるということも頭に入れておきましょう。

 
複数業者からの相見積もり

外壁・屋根塗装工事は、マンションでも一戸建てでも必ず行うべきです。マンションであれば、当初の修繕計画に含まれていることもあり、自分で実施しなくても、管理組合の決定事項として定期的に行われます。

しかし、一戸建てであれば、ご自身で計画的に外壁・屋根塗装計画を立て、費用を積み立てておきましょう。無駄な費用をかけないために、見積もりは常に複数の業者に依頼するべきです。なおかつ、施工内容を詳しく比較検討することで、それぞれの業者の対応が誠実であるのかどうかを見極めることができます。

過去に外壁・屋根塗装工事を依頼した業者あっても、依頼するごとに必ず相見積もりを取るようにしてください。

 
見過ごせない足場にかかる多額の費用

外壁・屋根塗装では、塗料の費用と施工費用に分かれています。施工費用のうち、最も多額の費用がかかると言われているのが、「足場」の費用です。規模の大きな建物であれば、足場業者に外注することもあります。そうすると、思った以上に費用がかかります。

ところが、腕があり、コスト削減意識の高い塗装業者であれば、足場をかけないで行う外壁塗装方法を採用する場合があります。屋根塗装や外壁塗装など、別々に塗装工事を行うと、足場を組み直す必要があり、その度に数十万円の費用が別途かかります。こうした無駄な費用を抑えるために、できる限り、計画的に外壁や屋根の塗装工事を行うようにし、一回の施工工事で複数の工事内容を盛り込んでもらうといいでしょう。

良心的な工事業者によっては、一度に工事を行うことで、セット割引などが適用され、足場の費用が安くなることもあります。できるだけお得に効率よく塗装工事を実施してもらいましょう。

人気記事ランキング(累計)