屋根に雪止め金具が必要な場合の費用

雪止め金具 費用

 

 たくさんの雪が降ると、屋根の上に雪が積もります。豪雪地帯やたまにしか雪が降らない地域を除いて、冬になると必ず雪が降る地域では、屋根の上に積もった雪が凍り、塊となって落下する危険性が高まります。そこで「雪止め金具」を後付けで設置し、雪が落下しないような対策を施します。

屋根の雪止め金具の必要性

 雪止め金具は、屋根の上に積もった雪が屋根から落下するのを防ぐために取り付けられる金具のことです。降っている雪は、ふわふわしていますが、屋根に積もると凍ってしまい、塊となって屋根から滑り落ち、人や物に当たってしまいます。人身事故にもつながる可能性が高いので、屋根の上に後付けの雪止め金具を設置します。

 

 金具は比較的小さく細長い部材です。雪止め金具は、屋根の上に設置する必要があり、定められた間隔により設置していきます。雪がよく降る地域で、住宅が密集している場合も、冬場の安全を確保するに雪止めの設置が必要でしょう。

雪止め金具を後付けする場合

 雪止め金具は、後付けすることができます。雪止め対策は、雪止め金具以外にもネットや雪止め瓦などがありますが、後付けの場合は、富士型、扇形、S型などの瓦の種類に応じた適切な金具を設置しています。

 

 DIYで取り付けする場合もありますが、屋根に穴を開けたり、押し込んだりしますので、失敗すると雨漏り発生の原因となります。安全性を優先し、足場が必要な場合もあります。

 

 雪止め金具が必要だと気付いた場合は、屋根の葺き替え工事や改修工事などを予定しているときに、合わせて雪止め金具の設置も依頼すると、工事コストの削減につながります。

雪止め金具の価格と費用

 後付けの雪止め金具の設置工事は、足場の設置が必要な場合や急勾配の屋根の場合になると価格が上がってしまいます。先付けの雪止め設置工事の単価は1メートルあたり1400円~が費用の目安です。

 

 30平米あたりの相場費用は、7~15万円程度ですが、雪止め金具の種類や足場代、出張費など、現場の環境や状況に応じて変動する費用もありますので、予定していた以上の出費になることがあります。

 

 場合によっては、後付けの雪止め金具の設置も火災保険の適用対象となることがあります。加入している保険会社や信頼できる屋根工事業者、リフォーム業者に相談してみてください。

 

 落雪事故による損害は、火災保険が適用されます。火災保険により、破損した雨樋やカーポートを修理した事例も見られます。しかし、自然災害による事故は、自己物件が対象となり、隣家への事故に対してはカバーできない場合があります。個人賠償責任保険などにも加入できますが、必ずしも保証されるわけではないので、事前対策として雪止め金具の設置は必須であると考えられます。

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

まずは電話で無料相談