屋根のカバー工事は本当にやっていい?

屋根カバー

 主要な屋根のリフォーム方法の一つに屋根のカバー工事(カバー工法)があります。屋根の葺き替え工事とよく似ていますが、どういったケースで選択するべきでしょうか?カバー工事の基本的な知識と共に解説していきます。

屋根のカバー工事ってどんな工事?

 屋根も経年劣化します。屋根材によって耐用年数に違いがありますが、いずれは屋根の葺き替え(交換)工事を行う必要があります。屋根の葺き替え修理方法の一つが、屋根のカバー工事による重ね葺きです。

 

 カバー工事では、既存の屋根材の上に、新しい屋根材をカバーするような屋根の工事を行います。主流は、スレート屋根からガルバリウム鋼板屋根へのカバー工事です。

カバー工事はやるべきか?そのメリットについて

 瓦屋根に関しては、カバー工事ができません。瓦の重量が重く、重ね葺きができないからです。瓦よりも軽量の屋根材を使用しても重量増により耐震性が落ちてしまいます。また、経年劣化により建物の躯体が脆くなっていますので、瓦屋根の場合は、一部補修か葺き直し、葺き替え工事が選択されます。

 

 屋根のカバー工法は、瓦屋根を除き、スレート屋根や金属屋根、アスファルトシングルなどに、幅広く実施できるようになっています。カバー工事のメリットは、既存の屋根の上にそのまま新しい屋根を乗せますので、廃材が発生せず、その処分費用もかからないことです。工期も短くなり、環境負荷も少なくなります。二重屋根になると、断熱性や遮音性も高まり、以前よりも住みやすい住居になります。

カバー工事による屋根リフォームの注意点

 カバー工事は、重量増の問題から瓦屋根には施工できません。同じような理由から、太陽光発電装置・パネルの設置もできなくなります。必ずしも屋根のカバー工事ができるわけではありません。屋根の劣化状況がひどいとやはり屋根の葺き替え工事を行うほうがいいでしょう。

 

 特にアスベストを含むスレート屋根や古い屋根材の場合は、雨漏りや湿気により下地が腐っている場合があり、下地から全てやり直したほうがいいかもしれません。

 

 屋根のカバー工事を行った後に雨漏りなどの何等かの屋根トラブルが発生すると、修理が困難になるだけではなく、修理費用が高額になることがあります。火災保険による補償についても適用外になることが多いので覚悟しておきましょう。

 

 屋根のカバー工事の費用の目安は、屋根材やその面積の広さにもよりますが、80~250万円で収まるようになっています。

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

まずは電話で無料相談