トタン屋根の修理費用は安い?高い?

トタン屋根 修理

 

 トタン屋根は、部材の施工費用が安いというメリットがありますが、耐久性が低く、錆びやすいというデメリットもあります。
そこで、錆びや破損の場合の補修内容別の修理費用について簡単に解説していきます。

色あせや塗膜の剥がれ

 トタン屋根の修理方法は、部分的な張り替え、棟板金の修理、トタン屋根表面の塗装工事、屋根全体の葺き替え・カバー工法による重ね葺きなどが考えられます。

 

 トタン屋根の表面の色あせや塗膜の剥がれは、劣化の初期症状です。屋根表面は、毎日太陽の紫外線を浴びています。次第に劣化し、色あせも進行し、最後には塗膜の剥がれ症状を引き起こします。

 

 塗装の不具合による塗膜の剥がれの可能性もありますし、塗装は2~3回行うと、トタン屋根そのものが耐用年数を迎えてしまうので、屋根の塗装では修復できなくなります。見た目が悪くなり、ツヤがなくなってきたら、塗装のタイミングです。30坪のお住まいでの塗装費用は、35~40万円です。

錆びや錆びによる穴開き

 塗装のツヤが失われると、塗膜の保護機能がなくなります。そのまま放置していると、錆びの発生が表面の数か所で見られるようになります。錆びの発生後、穴開きが見られるようになったら、トタン屋根の部分修理が行われます。錆び止めや塗装は、必ず錆びが出る前に行うべきです。

 

そこで、錆びの発生による修理費用について簡単にまとめました。

 

トタンの撤去費用が、1平米あたり1200~2000円、
野地板修理費用が、1平米あたり2000円~、
ルーフィング交換修理費用が、1平米あたり650円、
新しいトタンの設置費用が、1平米あたり5000円~、
新しいガルバリウム鋼板の設置費用が、1平米あたり5500円~、
軒先板金の交換費用が、1平米あたり1500円、
です。

トタン屋根の剥がれや雨漏り症状

 トタンの錆び症状が続くと腐食による穴開きが発生します。その後、トタン屋根材の剥がれや雨漏りが発生するようになると、トタンの劣化症状もひどくなっていきます。

 

 特に、雨漏りが発生すると、屋根の下にあるルーフィング、野地板などの腐食が見られるようになります。塗装では修復できないので、屋根材と屋根の下地材を含めて全て交換することになります。

 

 新しい屋根材には、同じトタンを使うことがありますが、錆びに強いガルバリウム鋼板なら、少し高めの値段で葺き替え工事ができるので、トタンよりもガルバリウム鋼板を勧める屋根工事業者が増えています。

 

トタン屋根の葺き替え工事(屋根の交換工事)では、

 

カバー工法(重ね葺き)による工事なら、70~110万円、
屋根の葺き替え工事なら、85~150万円、
といったところが交換・修理費用の目安です。

 

 

 

屋根の工事や修理ならクイック屋根工事|見積もり比較サイト
https://www.yanekouji.net/

まずは電話で無料相談