屋根工事、優良業者に任せて安心!
pixta_15318438_m

屋根工事やリフォームを行う業者は、年々増えています。
新しく建てられる建物も増えていますが、既存の建物のリフォームや修繕もたくさんの需要があります。
ただ、悪徳業者も存在しており、手口も巧妙です。

優良業者を選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?

 
 
屋根工事をおこなう業者の種類

屋根工事業者に屋根修理を依頼したくなったら、どこかに屋根工事の仕事を依頼します。
ネットやチラシ、電話帳なども参考に探すわけですが、実際にはいろいろな種類の屋根工事業者があります。
業者による違いや特徴を少しだけ知っておくと、屋根工事業者を選ぶときの基準になります。

代表的な業者として、工務店があります。
屋根修理は専門ではありませんが、簡単な修理作業であれば、安く請け負ってくれるところがあります。

屋根リフォーム業者は、屋根修理を専門とするところ、リフォーム全体を行うところがあり、できれば、屋根修理専門業者がいいでしょう。

塗装屋は、外壁塗装専門の業者もあり、屋根塗装による修繕を行います。

瓦屋は、屋根瓦の葺き替えを専門としています。

板金屋は、屋根が板金であれば修理や補修、雨どい工事を行います。

雨漏りであれば、防水業者に依頼しましょう。
防水工事を基本とし、屋根修理全般を行います。
マンションやビルなどの屋根工事も多く実施しています。

屋根工事業者には、それぞれに得意な分野があり、できれば、屋根を専門に取り扱う優良業者を探してください。

 
 
こんな屋根工事業者は避けたほうがいい!

大手企業や地域密着の地元の屋根工事業者など、多くの屋根工事業者があります。
大手だから、名前が通っているから、という安易な理由で屋根工事を依頼しないでください。
悪質な屋根工事業者も多く存在しています。

見積もりを依頼した後、契約をすぐに迫るような業者は、少し注意してください。
工事の予定が多いところでは、余裕を持って説明や契約を行う業者がほとんどです。

見積もり内容が不明であったり、問い合わせてみても、わかりにくい説明であったり、明細が省略されていたりすると良心的な業者ではない可能性があります。

飛び込み営業を行う屋根工事業者は、契約を取りたい業者です。
インセンティブも多いため、強引な営業、高額な屋根修理費用を請求されることがあります。

大幅値引きをする業者にも要注意です。
赤字で運営することはできません。
手抜き工事や費用の水増し、質の悪い材料を使っての屋根工事を行うことがあり、後悔することがあります。

 
屋根工事業者選びではクーリングオフ制度の有無を確認

屋根工事業者選びでは、地元での営業年数が長く、信頼もあって、きちんとした工事を行う業者が最適です。
施工実績などを問い合わせてみて、確かな実績のある業者を選ぶといいでしょう。

また、クーリングオフ制度の有無も重要です。
クーリングオフがあれば、一定期間は無条件で申し込みの撤回や契約の解除ができます。
違約金を支払う必要もなく、申し込みが撤回できますので安心です。

優良業者であれば、必ずクーリングオフ制度が導入されています。

 
まとめ

屋根工事は優良業者に任せると安心できます。
屋根工事業者の種類やそれぞれの特徴を知り、悪質な屋根工事業者を避けるようにしましょう。
クーリングオフ制度の有無も重要です。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: