屋根工事で費用を抑えるポイント
hiyouwoosaeru

屋根工事は高額です。劣化の激しい屋根には、大掛かりな修繕が必要です。
屋根工事は、数十万円から200万円以上かかることもあり、何も知らないと、高額の屋根工事費用を請求されます。
そこで、できるだけ費用を抑えるためのポイントをお伝えします。

 
 
屋根工事は種類により工事時期や費用が違う

屋根瓦は、寿命が長く、40年~60年と屋根材の中でも最も長持ちします。
屋根瓦は、丈夫ですが、防水シートや野地板などの下地材が痛みますので、屋根の修繕工事は必ず行う必要があります。
下地補修の場合は、元の瓦を葺き直すだけの締め直しの工事を行うと費用が低く抑えられます。

スレート屋根は、10年~15年ほどの耐久年数です。
軽量でデザイン重視の方には好評ですが、ひび割れや欠けたりすることが多く、下地材が傷みます。
補修やメンテナンスの回数も増えます。

カバー工法といって、新たに屋根材を重ねて補修する方法もあります。

トタン屋根は、6年~10年ほどで補修が必要です。
軽い屋根材ですが、錆びやすく耐久性もありません。
カバー工法が採用されることがあります。

金属屋根は、20年~30年でメンテナンスが必要です。
トタン屋根よりも耐久性はありますが。
軽量ですので、カバー工法が採用されます。

スレート屋根よりも軽量です。
いずれの工事も屋根の全面工事になる前に、屋根の性質に応じた時期を見ながらメンテナンスや補修を行いましょう。

 
 
屋根や建物の定期的なメンテナンスを行う

屋根工事は、そう何度も行うものではありません。
大規模な屋根工事を行うと、多額のコストがかかってしまいます。

住宅を長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが必要です。
雨漏りなどの被害や劣化した箇所を見つけたら、すぐに修理を行いましょう。
すぐに修理することで、損害が拡大するのを防ぐことができ、住宅全体の寿命が延びます。

屋根部分の定期診断や屋根材の耐久年数から、メンテナンス時期を考え、早めの屋根工事・補修を行うといいでしょう。

 
屋根工事費用を抑える裏技

屋根工事費用を抑える裏技も存在します。
住宅購入時には、メーカーや工務店が、10年保証を付けたり、定期的な無料点検サービスを実施してくれることがあります。
こうしたサービスを利用し、建物や屋根の状態をチェックしておきましょう。

新築でも初期不良や10年近くたつと、修繕箇所も増えてきます。
火災保険を活用した雨漏りなどの修繕工事も可能です。
自然災害で屋根が損害を受けたり、雨漏りが始まったりしているなら、保険金を使って、無料で修繕工事ができる場合があります。

 
まとめ

屋根工事を行う際に、できるだけ費用を抑えるポイントをお伝えしました。
屋根材の性質によるメンテナンス・修繕時期の違い、定期的なメンテナンス、屋根工事費用を抑える裏技など、少し知っているだけで屋根工事費用を大幅に下げることができます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ