雨樋の修理の豆知識


雨樋は、建物の中でも地味ですが、重要な役割を果たしています。
気が付かないうちに、雨樋が壊れていることがあります。
雨樋が壊れると、雨漏りがしたり、建物が傷み寿命が縮まったりします。
だからこそ、知っておきたいのが、雨樋の修理の豆知識です。

 
雨樋にはとても大切な役割があります

雨水が流れる雨樋ですが、その本当の役割を知っている人は、意外に少ないのではないかと思われます。
雨樋は、雨水が家屋に浸入してくるのを防ぐ目的があります。
雨樋がないと、屋根の軒先から雨水が直接外壁に伝わり、下に流れていきます。

外壁全体が防水になっているわけではありませんので、建物の外壁の腐食が早まってしまいます。
これでは、建物がすぐに傷んでしまいます。

雨樋は、表からは見えない部分が多く、台風の強風や大雨でいつの間にか壊れてしまっていることがあります。
気が付いたら、できるだけ早めに雨樋の修理を実施してもらいましょう。

また、屋根から直接地面に雨水が落ちることで、建物の基礎回りに集中して地面に落ちることが多くなってしまい、自宅の老朽化を早めることにもなりかねません。

基礎の老朽化・劣化は、お住まいの建物の早期建て替えになってしまうことが多いのです。
雨樋修理をしないと、余計に費用がかかってしまうことがあるようです。

 
壊れやすい雨樋

新築の段階で、雨樋は頑丈に作られているはずです。
雨樋は、住宅の建物のなかでも、壊れやすい箇所になっています。
一番多いのが、雨樋のゴミ詰まりです。

よくあるケースでは、集水器の入り口に落ち葉がたまったり、鳥の巣ができたり、ビニール袋が入ったり、動物の死骸で詰まったりするものです。

厳密にいえば、故障ではなく、物が詰まって雨水が溢れて外に漏れだすような状態です。
集水器以外では、縦樋、軒樋などもゴミが詰まりやすい箇所です。

また、雨樋に傾斜がついていないと、うまく雨水が流れません。
雨樋が風や重みなどで水平になってしまったり、傾きが逆になっていたりすると傾斜の調整が必要になります。

さらに雨樋にも耐久年数があり、通常は20年~25年程度です。
雨樋に穴が開く場合もありますので、早めの交換修理をおすすめします。          

他に経年劣化で考えられる雨樋の故障は、継ぎ手が外れたり、接着不良になったりしている状態です。

雪や雨の重みで雨樋が壊れる場合もあります。
これらの雨樋の故障箇所は、専門家でないと発見できないこともあり、定期的に点検を実施する必要があるでしょう。

 
いろいろな雨樋の修理方法について

雨樋をDIYで自分で修理するのは、危険な行為です。
1階の雨樋であっても、脚立を使ったりする必要がありますし、2階や3階の雨樋であれば、専門家でも足場を組んで雨樋修理の作業を行います。

よくある雨樋の交換修理では、古くなった雨樋を取り外す作業から始まります。
集水器や支持金具なども全て取り外す必要があります。

素人では、外壁や「鼻隠」と呼ばれる軒先部分の横面を傷めることもあり、慎重に作業が行われます。
支持金具を取り付ける際にも、水平ではなく軒樋の勾配を考慮して取り付けられていることに注意してください。

支持金具の穴は、防水コーキング剤で塞ぐ作業を実施しています。
穴より雨水が浸入し、雨漏りが発生することがあるからです。
その後、軒樋、軒樋に継ぎ手や止まり、集水器、縦樋を取り付けていきます。

最後に、排水経路を確認し、雨水が最後まで雨水枡にまで流れていくかどうかを確認します。

雨樋修理では、交換修理の他にもそれぞれの原因別に部分的な修理を施すことがあり、必ずしも全ての雨樋を交換するわけではありません。

 
雨樋の修理費用

雨樋の修理費用についても知っておきましょう。
DIYで修理するとやり直しになったり、怪我をすることもあります。
必ず雨樋修理を得意としている、あるいは専門とする工事業者に見積もりを依頼してください。

参考例として、30坪程度の一般的な住宅では、雨樋交換修理工事では、15万円~50万円程度の費用がかかるとされています。
ところが、火災保険の風災・雪災補償を活用すると、無料で雨樋の修理をすることが可能です。
火災保険に加入していることが前提となりますが、たいていは加入しているはずです。

雨樋修理や屋根修理を考える際に費用の問題は避けて通れません。
保険金が支払われるなら、ぜひ活用するべきでしょう。

 
まとめ

雨樋修理の豆知識について簡単にまとめました。
雨樋はとても建物のなかでも重要な箇所ですが、壊れやすくなっています。
雨樋のゴミ詰まりや、傾斜の不具合、耐久年数、経年劣化など、いろいろなケースで雨樋が壊れます。

雨樋の修理方法や修理費用についても事前に知っていると、イザというときに役に立ちます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ