屋根塗装のポイント
屋根塗装

屋根塗装には、どのような意味があるのか?
また、屋根塗装を行うことによりどのようなメリットがあるのかご紹介します。

 

 
屋根塗装にはどんな重要な意味があるのか?

屋根塗装は、屋根のメンテナンスとして行われる作業です。
屋根は毎日のように風や雨にさらされています。
そして、気づかないうちに劣化していきます。

メンテナンスをしなければ、雨漏りのトラブルが発生します。
最終的には屋根の葺き替えを行う必要が発生しますが、できる限り寿命を延ばし、建物の寿命と同じ程度まで屋根の寿命を延ばす必要があります。

それが定期的に屋根の塗装を行う理由です。
しかし、瓦屋根は、耐久性が高く塗装を行う必要はありません。

 
屋根塗装により、防水性能や強度が回復し、外観も美しくなります。

屋根塗装による防水性能の回復

スレートや金属屋根の場合は、屋根材の劣化や錆びにより、雨漏りの可能性が生じます。
屋根表面の防水性能はルーフィングに次いで重要です。
劣化する前に再塗装を行います。

屋根塗装による補修や強度の回復

再塗装の前には、表面のヒビ割れや剥がれの補修を行います。
下地処理の一種ですが、定期的に行うことで、家の強度も回復します。

屋根塗装により美しい外観を保つ

屋根を塗装するだけで、新築のような外観に戻ります。
風雨にも強くなりますが、丁寧で適切な塗装工事により、長寿命の塗装効果が得られます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: