屋根材「ディプロマット」のメリット・デメリット
屋根 ディプロマット
出典:httpsyanekabeya.comwork23306

技術は日進月歩です。屋根材も次々と新しい製品が登場します。

「ディプロマット」が、アメリカから輸入されるようになり、ガルバリウム鋼板の他にも選べる金属屋根の選択肢が増えました。

 

 
「ディプロマット」の特徴

屋根 ディプロマット
出典:httpwww.sakikenso.jpblog

「ディプロマット」は、アメリカカリフォルニア産の輸入屋根材です。
日本では、自然石粒鋼板製屋根材とも呼ばれます。
カリフォルニアのディートレーディング社が製造しています。

主な特徴は、30年保証をつけて高品質を維持しており、長期間にわたって美観を保ちます。
メンテナンスコストも少なく、安価で長寿命の屋根材をお探しなら、ガルバリウム鋼板に次いでおすすめの屋根材です。
日本ではまだ普及しているとはいえませんが、製造開始から40年以上たち、70か国以上で使用されてきた実績があります。

素材は、ガルバリウム鋼板より耐久性の高いジンカリウム鋼板を使用しています。
金属の表面は自然石を砕いたもので覆われており、金属屋根の弱点であった遮音性や断熱性を大幅に向上させています。

 
「ディプロマット」のメリット

屋根 ディプロマット
出典:http屋根工事.net

「ディプロマット」は、数多くのメリットがあります。
メンテナンスフリーを実現し、長期間にわたって美観を保ちます。
コストもあまりかかりません。
日本での実績はまだ少ないのですが、海外での実績により、30年保証をつけるなど、品質に関しては大変な自信を持っていると考えられます。

新築時の採用はまだ少ないものの、葺き替えリフォーム、カバー工法による重ね葺きなど、オールマイティーに使えるようになっており、取扱業者も自信を持っておすすめできる屋根材です。

表面を自然石を砕いたもので覆った屋根材であり、雨音や熱を拡散させる作用があります。
陶器と同様に釉薬を用いた着色により、色あせが少ない点も見逃せません。
金属屋根であることから、軽量のため耐震性能がアップするのもメリットの一つです。

 
「ディプロマット」のデメリット

「ディプロマット」のデメリットは、日本ではマイナーな存在です。
アメリカの輸入屋根材は、歴史が浅く、日本ではあまり人気がないのが残念です。

「ディプロマット」は、信頼性もあり、使用実績も多い屋根材ですが、採用している住宅メーカーが少なくなっています。
現場では、新築時よりも屋根の葺き替えリフォーム、カバー工法による屋根の重ね葺きで使用される例が増えています。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: