17種類!屋根材別の耐用年数とメンテナンス時期は?

殆どすべての屋根材17種類!の耐用年数やメンテナンスの時期を分かりやすくまとめました。
自分でできる劣化チェックポイントも写真付きで紹介しています。
自宅の屋根は今、メンテナンスの時期か?どのような屋根工事が必要なのか?

リフォーム業者に屋根工事を勧められた。

・同じ時期に建てた近隣が工事をしているけど、もしかしたら我が家もメンテナンスの時期?
・それとも屋根工事はまだ早い?
・工事の時期だけどもう少し工事を延ばせないか?

屋根の工事は少額ではありませんので、できることなら避けたいもの。
そのような方にもわかりやすく、殆どすべての屋根材17種類の耐用年数
・メンテナンス時期
・自分でできる劣化チェックポイント
を解説させていただきます。

屋根の耐用年数って?

屋根の役割は、家を雨、風から守ることです。
役割を果たせなくなる年数が、耐用年数になります。
簡単に言うと屋根から雨漏りしない年数です。

家を雨漏りから防いでいるものは、屋根材とその直下にあるルーフィング(防水シート)です。
屋根材が全然問題なく役割を果たしていても、ルーフィングがダメだと雨漏りします。
そして屋根材よりも、ルーフィングの寿命が短いことが殆どで、今よく使われているルーフィング材の耐用年数は20年程度です。

従って20年を超えた頃からが、葺き替え時期になってきます。
現在では、30年以上長持ちするルーフィングがあるようです。

ルーフィング(防水シート)=屋根の耐用年数です。
屋根材の耐用年数=屋根の耐用年数ではありません。

瓦屋根

瓦自体は非常に耐久性が高いですが、屋根材の直下にあるルーフィング(防水シート)が傷んでしまうためメンテナンスが必要になります。

  • 素焼き瓦(モニエル瓦)、セメント瓦は10~15年サイクルで塗装が必要
  • 葺き替え目安時期:20~30年程度

瓦屋根の耐久性

釉薬瓦(日本瓦) 耐用年数:60年程度
釉薬瓦(日本瓦)
素焼き瓦(モニエル瓦) 耐用年数:40年程度
素焼き瓦(モニエル瓦)
セメント瓦 耐用年数:20年程度
セメント瓦
 

瓦屋根のチェックポイント

瓦のはずれ
瓦のはずれ

出典:http://www.watanabe-kawara.com/

瓦のずれ
瓦のずれ

 

瓦の割れ
瓦の割れ

出典:http://showa-yougyo.blogspot.jp/

棟瓦のゆがみ
棟瓦のゆがみ

出典:http://www.watanabe-kawara.com/

漆喰の剥がれ
漆喰の剥がれ

出典:http://totals-nara.com/index.htm

瓦のたわみ
瓦のたわみ

出典:http://hayashida-kawara.com/

瓦のずれが見られる場合は、瓦を固定している漆喰がダメになっているかもしれません。
屋根面にたまみがある場合は、下地(野地板)が腐っている可能性があります。
天井裏の点検口から覗いて見て、屋根に打ち付けてある板が腐っていないか、屋根裏の床に雨染みがないか確認してみましょう。

また、屋根に草やコケが生えている場合は、雨漏り原因にもなる為、早急に取り除いてください。

スレート屋根

スレート屋根の耐用年数は20~25年程度。
屋根材の直下にあるルーフィング(防水シート)の寿命のタイミング(20~30年程度)で葺き替えか、カバー工法が必要になります。

  • 10年サイクルで塗装が必要
  • 葺き替え目安時期:20~30年程度

スレート屋根の耐久性

スレート屋根 耐用年数:20~25年程度
スレート屋根
波型スレート 耐用年数:25~30年程度
波型スレート

スレート屋根のチェックポイント

色あせ
色あせ
コケや藻
コケや藻
割れ・欠け
割れ・欠け
棟板金の釘の抜け
棟板金の釘の抜け
反り
反り
板金部のサビ
板金部のサビ

色あせやコケ、藻が生えていたら表面の防水機能が寿命ですので、早めに塗装を行ってください。
塗装時には、板金部のサビ・割れ・釘の抜けもしっかり直してもらいましょう。

点検時に業者が屋根を歩いたとき、体が沈む感じがしたら、屋根材の下地(野地板)が寿命です。
塗装ではなく、葺き替えかカバー工法を行うようにしてください。

金属屋根

金属屋根(亜鉛メッキ鋼板)の耐用年数は10~20年程度。
屋根材の直下にあるルーフィング(防水シート)の寿命のタイミング(20~30年程度)で葺き替えか、カバー工法が必要になります。

  • トタン屋根は7~10年サイクルで塗装が必要
  • ガルバリウム鋼板は15~20年程度で塗装が必要
  • ステンレス屋根は15~20年の期間に美観目的で塗装してもよい
  • 葺き替え目安時期:20~30年程度

金属屋根の耐久性

亜鉛メッキ(トタン)耐用年数:10~20年程度
亜鉛メッキ(トタン)

出典:http://actbsk.com/

ガルバリウム鋼板 耐用年数:25~30年程度
ガルバリウム鋼板

 

ジンカリウム鋼板 耐用年数40~50年
ジンカリウム鋼板

出典:http://blog.livedoor.jp/mitsuboshi_staff/

ステンレス屋根 耐用年数50年
ステンレス屋根

出典:http://abebankin.com/

金属屋根のチェックポイント

色あせ
色あせ
サビ
サビ
穴あき
穴あき
はがれ
はがれ


サビが見えたら早めに塗装をしてください。
放置して穴が開いた場合は、塗装では済まなくなります。
また、サビが広い面積になると、サビ落としが大変になります。(費用がかかります)

屋根の場合、劣化を放置して良いことは殆どありません。
点検時に業者が屋根を歩いたとき、体が沈む感じがしたら、屋根材の下地(野地板)が寿命です。
塗装ではなく、葺き替えかカバー工法を行うようにしてください。

銅板屋根
銅板屋根


銅板屋根の耐用年数は60年以上とかなり長持ちします。
ひと昔前には銅板の屋根は一生ものと言われていましたが、銅板屋根に穴の空く事例が多数見られます。
酸性雨や施工不良が原因と言われています。

屋根材の直下にあるルーフィング(防水シート)の寿命のタイミング(20~30年程度)で葺き替えか、カバー工法が必要になります。

  • 基本的にメンテナンスは不要
  • 葺き替え目安時期:20~30年程度
アスファルトシングル(グラスファイバーシングル)
アスファルトシングル

 
アスファルトシングルの耐用年数は、20~30年程度です。
最近では、ガラス繊維を基板にしたグラスファイバーシングルが増加しています。
屋根材の直下にあるルーフィング(防水シート)の寿命のタイミング(20~30年程度)で葺き替えか、カバー工法が必要になります。

  • アスファルトシングルは10年サイクルで塗装が必要
  • グラスファイバーシングルの中には30年以上メンテナンスフリーのものがある
  • 葺き替え目安時期:20~30年程度
陸屋根(ウレタン防水・シート防水・FRP・アスファルト防水)
陸屋根

 
近年では、陸屋根構造の建築物が増加しており、陸屋根部分を活用した屋上庭園や太陽光発電のソーラーパネルを設置した戸建住宅が多く見られるようになりました。

雨漏りを防ぐ防水工事には色々な工法があります。
概ね10年程度で点検や塗装メンテナンスを行うことによって被害や改修費用を抑えることができます。

  • ウレタン防水:耐用年数10~13年程度
  • シート防水(ゴム):耐用年数12~15年程度
  • シート防水(塩ビ):耐用年数10~13年程度
  • FRP:耐用年数10~13年程度
  • アスファルト防水:耐用年数15~20年程度
メンテナンス時期のまとめ
メンテナンス時期


陸屋根以外は、屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)の寿命(20年)のタイミングでプロの屋根業者さんに見てもらい、必要があれば葺き替えか・カバー工法を行うようにしてください。

20年目に雨漏りして葺き替えるケースもありますし、40年経過してもまったく問題がない屋根もあります。
定期点検や小まめなメンテナンスを行えば、屋根の寿命を延ばすことができます。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー:

お問い合わせ