火災保険で屋根修理は詐欺?
火災保険 屋根修理


火災保険を使用した屋根修理詐欺が増加していることをご存知でしたか?
火災保険についての知識をつけて、詐欺に合わないように備えておきましょう。

出典:http://midukisann.blog77.fc2.com/blog-entry-787.html

 
火災保険を屋根修理に使用できる定義?

火災保険 屋根工事

火災保険なので火災にしか対応していないかと言うとそんなことはありません。

例えば風による被害でも火災保険は適用できます。

これはなにもむちゃくちゃなことではなく火災保険料と言うものを支払っているので、当然受けられる権利になります。

その他にもボールを当てられてガラスが割れてしまった場合や、落書きをされた場合なども適用範囲になるケースが多いです。

ですが経年劣化による火災保険の適用はもちろんできず、災害や外的要因による破損は火災保険で適用できることが多いです。

 
火災保険利用の屋根修理詐欺とは?

屋根修理詐欺

「火災保険で屋根を修理しましょう」
「火災保険の保険金を利用すればお宅の屋根無料で修理できますよ」

などと言って訪問のセールスにやってくるケースが非常に増えてしまっていて、その数は2010年の件数と比べ約6倍以上増加しているとのことです。

このケースを詳しく説明すると屋根が痛んでいるので台風などの風災のせいにし、火災保険利用して無料で修理しましょうと言うのを持ちかけてくるケースがあると言うことです。

こういったケースによる火災保険を利用して住宅修理契約をさせる業者が増えて様々なトラブルが問題となっています。
ではトラブルの1例を見てみましょう。

 
屋根修理詐欺のトラブル例

・「お宅の屋根修理火災保険を使用すれば無料で修理できますよ」

と言って先に契約を済まして、いざ火災保険を使用しようとすると1部もしくは全てが火災保険の対象外であり、火災保険が使用できないケース。そうなると自腹で修理費用を支払わなくてはならないのと、修理金額が適正価格ではないケースもあります。

さらに途中で修理を辞めようとすると契約後だからと言って違約金を請求してくることもあります。

・口頭もしくは法的効力のない書類で契約を進めて、書類が渡されない。

このパターンでは後でトラブルになった際に法的効力のある書類が残っていないので、立件するのが難しくなる。

火災保険 屋根

・火災保険の申請を業者が行うと言ってくる

火災保険の申請は住宅の持ち主、本人が申請を行わなければなりません。
他人が申請することはなりすましの詐欺行為につながります。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: