屋根の重さについて


屋根工事の際に業者が提案する屋根材は本当に良いものだろうか?
屋根材を選択するうえで屋根の重さは重要な選択項目です。
今回は、屋根の重さにと地震に強い「防災瓦」についてご紹介します。

 

 
屋根材による屋根の重量の違い

一般に瓦屋根は重く、金属屋根は最も軽いということになっています。
ところが、屋根の重さだけで、屋根材を選ぶわけではありません。
それぞれの屋根材にはメリットとデメリットがあります。
軽くて安い屋根材を使いたいなら金属屋根を選ぶでしょうし、断熱性や天然素材の高級感、メンテナンス不要の屋根材といえば瓦屋根を選ぶでしょう。

屋根材の重さ、屋根の重量に絞ってみると、重い屋根よりも軽い屋根のほうが、耐震性が高く地震にも強いという性質を持っています。
屋根の重さは、瓦屋根が最も重く、次はスレート、最も軽いのが金属屋根です。

 
軽い屋根は耐震性が高いと言われています

屋根の重さだけを考えると、建物の重心位置が高くなります。
重心が高くなると、大地震が発生したときに、揺れが大きくなります。
躯体がしっかりしていないと、建物が倒壊しやすくなり危険が増します。
金属屋根などの重量の軽い屋根を設置すると、建物全体の重心が低くなり、揺れが小さくなります。

古い建物では、旧耐震基準で建築されていたり、何度も地震にあったりしたために弱くなっています。
そこで、重量の軽い屋根に葺き替える工事を行うことがあります。
軽い屋根に葺き替えるだけで、耐震性も向上します。

どうしても、瓦屋根を使いたい場合は、「防災瓦」といって、通常の瓦よりも軽量で、地震や強風にも強い製品が出ています。
日本家屋の美しさにこだわりのある方には、防災瓦がおすすめです。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: