ビフォーアフターが気になる屋根の補修工事の流れ
屋根工事 流れ

屋根の補修工事は、古い建物ほどトラブルの真の原因を突き止め、今後再発しないような対策を施し、迅速に補修工事を行います。

アフターフォローも含めて最初から最後までしっかりと面倒を見てくれる屋根修理業者を選びましょう。

 
事前のヒアリング

屋根の雨漏りや腐食などのトラブルは、目に見えない箇所も多く、原因もすぐにはわかりません。

屋根修理業者では、まずはトラブルの状況をヒアリングし、今すぐ対処すべきか、現地調査を行ったうえで最もよい屋根補修工事の提案を行うかを判断しています。

今困っていることを聞いたうえで何らかの対処法を考える段階です。

 
現地調査は必ず行う

屋根工事 流れ
photo:https://www.sakurakensou.com/info/archives/14

現地調査は大変重要です。

ヒアリングではわからなかったことや熟練のスタッフが現地でしか発見できないような不具合が発見できることがあります。

屋根に関する資格を持った調査士の検査や診断が安心できますが、屋根の修理を経験してきたベテランの職人さんであれば、どんな方でも屋根トラブルの原因を発見できます。

 
屋根修理工事は自社修理がベスト

屋根工事 流れ
photo:http://fujimitosou.com/blog/熊本地震の屋根修理/

見積もり提案や工事の打ち合わせが済み、契約に至った後は、自社スタッフ、自社職人が修理工事をしているかどうかが最も重要です。

熟練スタッフの技術と万全の管理体制による屋根の修理は、屋根トラブルの再発を完璧に防ぎます。

屋根修理では、漆喰の剥がれや瓦の交換、スレート屋根のヒビ割れ、板金屋根の棟包みの浮きなどを修理します。

雨樋などにゴミが溜まっていたら清掃を行います。災害時には屋根の復旧工事を早急に行います。

 
特に大切なアフターサポート

屋根の修理工事が完了したら、必ずお客様の確認と承認作業があります。

そして、アフターサポートも重要です。

保険会社との提携による10年保証などがついていれば、何らかの屋根トラブルが再発しても、無償で修理してもらうことが可能です。

アフターサポートでは、長期保証を行っている屋根修理業者ほど優秀な会社であり、工事内容にも自信を持っていると考えられます。

 
災害時の緊急メンテナンスに対応しているかどうか

屋根工事 流れ

屋根のトラブルは、災害時に最も発生しやすくなります。

台風、暴風・突風、地震、竜巻などで屋根が破損したり、雨漏りが発生したりすることがあります。

大自然の恐ろしいほどの威力により災害に遭ったとしても、迅速に屋根トラブルの解決に向けて動いてくれる屋根修理業者を選ぶべきでしょう。

信頼できる屋根修理業者を見つけたらラッキーです。

何かあったときにはまずはどんなことでも相談するようにしましょう。

人気記事ランキング(累計)

カテゴリー: